ボラツアー#6「いわきに想いをよせて」

0

シャプラニール主催で2泊3日のツアーを実施しました。このツアーはアーユス仏教国際協力ネットワーク様より事業助成を受け実施にいたりました。ありがとうございました。

今回、先遣隊派遣期間(11/17~22)から実施に至るまで、多くの皆さんに大変お世話になりました。いわき市での活動のご支援、情報提供、を全面的にご協力いただきました。本当に、本当にありがとうございました。私たちの相談ごとにも耳をかけた向けていただき、一緒に活動をしていただきました。皆さまのご協力なしではこのような活動はできませんでした。

masakosan_web

masakosan_webmasakosan_web

現在もいわき市では復旧活動が行われています。災害ボランティアセンターの運営にはいわき市社会福祉協議会の方々をはじめ、ピースボート災害支援センター、や多くのボランティアが復旧に向けた地域での活動に従事されています。毎日多くのボランティアが訪れ作業にあたっていますが、被災者からのニーズも増えているそうです。

今回のボランティアツアーでは11名にご参加いただき、復旧作業に取り組み、東日本大震災の津波の被害を受けた豊間地区を訪問しました。ご参加いただきましてありがとうございました。広いいわき市の一部ではありましたがシャプラニールの活動を少しでもご紹介できたかと思います。

sdr

道具や車両でのご支援ありがとうございました

sdr

豊間地区を訪問

震災の復興を進めてきたいわき市を襲った台風被害は、現在も多くの人々の生活を困難にしています。今の私たちにできることは、正しい情報共有をし、より多くの人々の関心を向けることです。シャプラニールとしての今後の活動は現在検討しています。決定次第またお知らせをいたします。

・ ・ ・ ・ ・ ・

《ボランティア活動》
▼ 個人ボランティアの受付ができます。
<受付から終了までの流れ>
①ボランティアセンターにて受付をする(午前9時~12時)
②説明を聞く/グループを分かれる
③道具を持って配属されるお宅へ
④作業を午後3時までに終了し、ボランティアセンターへ帰着、リーダーは作業内容報告
※注意事項:服装はしっかり、食べ物飲み物は持参、作業するお宅でルールを守る

アクセス&受付「いわき災害ボランティアセンター」
詳細はコチラ

▼ 「ピースボート災害支援センター PBV」
ボランティアの受け入れを行っている団体です。条件付きで宿泊が可能です。
直接お申込、お問い合わせください。詳細はコチラ

▼ いわき市社会福祉協議会
ボランティアセンターや日々の現地情報が更新されています。
詳細はコチラ
《ご寄付》
▼ シャプラニール
緊急救援募金の詳細はコチラ

▼ 赤い羽根共同募金
災害ボラサポ(災害ボランティア・NPO活動サポート募金)をご覧ください
詳細はコチラ

▼ スマートサプライ(物資支援)
「必要な人に必要な支援を必要な分だけ」を気軽に、双方向で実現できるプラットフォーム
「支援をしたい」から地域をお選びください。詳細はコチラ


ボランティアツアー実施レポート
災害復旧作業ボランティアが集まりました(2019年11月3日)
人海戦術がカギ。一人が集まり大きな力に。(2019年11月4日)
迅速で丁寧な作業が住宅を守る(2019年11月4日)
オリーブ農園は動き出しています(2019年11月4日)
災害。人々が創る地域の復興への道(2019年11月5日)
いわきに想いをよせて(2019年11月5日)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA