ボラツアー#4「オリーブ農園は動き出しています」

0

福島県いわき市にて災害復旧作業にきています。2日目はチームを3つに分け作業をしました。

<チームC>
再び木田さんのオリーブ農園へ足を運びました。引き続き側溝に流れ込んだ泥やワラをかき出し、最後には水没した家財道具や流れついたゴミなどを臨時集積所に運びました。

74170804_2488414611223581_8132908144234856448_n73229612_2488414494556926_4568807156593197056_n

家の片付けはできても臨時集積所まで運ぶことが大変困難です。重いものは運べない(人がいない、健康状態など)、車が水没してしまった、集積所がいっぱいで受け入れてもらえない…など。今回も何ヵ所かの集積所がいっぱいで断られ続けましたが、やっと受け入れてもらことまでたどり着けました。広範囲での被害のため、災害ごみが溢れ回収が追いついていないのです。(市では11/2-4は水害撤去強化期間)臨時集積所はありますが、分別がされていなかったり、勝手にごみが集積されてしまったりと問題はあります。

71819997_2488414744556901_4200984078599585792_n

参加者の方から聞きました。休憩のときに木田さんからもらった絞りたてのオリーブオイルの味が忘れられない、とのこと。「何もないけどこれをどうぞ」といただいたそうです。オリーブの収穫は全盛期を迎えていますが、復旧作業があるためなかなか進められていないそうです。そんな時期に作られた特別なオリーブオイルです。製品化はもうすぐだそうです。今年の発売をお楽しみに。
「オリーブプロジェクト」 http://iwaki-olive.com/spn/detail/free_page.cfm?cl_id=691

dav

採れたてのピカピカ光るオリーブ

これまで会った被災地の方々はご自身が困難な状況でも、必ずボランティアに感謝の言葉をかけ、時にはおもてなしまでしてくださいます。もし自分が同じような状況でも同じような気持ちで人と接することができるのだろうか…と何度も思う場面がありました。

発災から三週間が経ち、どんどん寒くなってきています。いち早い復旧に少しでも貢献できるようボランティアのチカラが必要とされています。心が疲れて過ぎてしまわないために、安心して冬を過ごせるようにサポートをぜひお願いします。

▼ボランティアをする「現地で支える」
いわき災害ボランティアセンター
https://www.iwaki-shakyo.com/volunteer/saigai-volunteer.html

▼寄付をする「支える人を支える」
赤い羽根共同募金
https://www.akaihane.or.jp/saigai/2019-typhoon19/

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA