子どもの権利を守る活動

バングラデシュやネパールには成長・発達、保護、参加といった基本的権利を享受できない子どもたちが多く存在します。シャプラニールは子どもの権利の中でも成長を阻害する「児童労働」と、健全な発達や社会参加に欠かせない「教育」について、とりわけ行政やNGOの支援から取り残された子どもたちや地域を対象とした活動を行っています。

<中期計画(2016年~2020年)の目標>
・児童労働を受容しない姿勢が社会に広がり、児童労働が削減される
・子どもたちが教育を受け続けることができる包摂的な社会環境が実現する

該当するSDGs:
SGDsのゴール1SGDsのゴール4SGDsのゴール8SGDsのゴール10SGDsのゴール16SGDsのゴール17


活動中のプロジェクト

バングラデシュの家事使用人として働く少女への支援

バングラデシュの家事使用人として働く少女への支援国際労働機関(ILO)の報告によると、バングラデシュには家事使用人として働く少女が数十万人いるとされています。彼女たちは、閉ざされた室内で働くことを強いられ社会の目が届かず、弱い立場にあり、教育の機会や子どもの権利を奪われています。
シャプラニールでは少女のための支援センターを運営し、基本的な読み書きや保険衛生や性の知識などの習得を支援するとともに、少女たちの現状を広く社会へ訴えることで、児童労働の根本的な解決を目指しています。
>「バングラデシュの家事使用人として働く少女への支援」について詳しく見る

 

バングラデシュの取り残された子どもたちへの初等教育支援

バングラデシュの取り残された子どもたちへの初等教育支援2つの異なる事業地で子どもたちが教育を受ける権利を得て、初等教育を修了できることを目指します。当事者や小学校を含む地域社会への働きかけを行う他、2事業地での経験交流によるグッドプラクティスの共有を行います。さらに、初等教育から取り残されやすい子どもたちの状況について中央行政を含む各行政機関に対して広く情報発信を行い、行政に必要な視点や支援の在り方についてアドボカシー活動も行います。
>「バングラデシュの取り残された子どもたちへの初等教育支援」について詳しく見る

 

ネパールにおける児童労働の予防・削減

ネパールの地方部における児童労働削減支援マクワンプール郡マナハリ村で、地域の児童保護機能強化を通じた児童労働削減を目指します。未整備の児童保護政策と児童労働撲滅行動計画を策定し、それを基に地方行政に設置された児童保護・権利委員会が機能して、関係者と協力して地域での児童労働モニタリングを行えるよう地方行政の能力強化を支援します。また、地域住民も巻き込みながら児童労働に陥る脆弱性の高い児童への個別支援を実施し、さらに子どもの権利・保護、児童労働のリスクに関して地域住民の意識啓発を行います。
>「ネパールの地方部における児童労働削減支援」について詳しく見る

 

関連リンク
災害に強い地域をつくる活動
緊急支援・復興支援
過去のプロジェクト
パートナー団体一覧
南アジア-バングラデシュとネパールについて
動画で見るシャプラニールの活動