【緊急救援:報告】バングラデシュ/貧困地域に住む人々へ向けての現金給付支援を開始

0

新型コロナウイルスは日本はもちろん、今現在も全ての大陸で猛威を振るっています。徐々に感染者数が減少する国がでてきた一方で、バングラデシュでは感染者数が5月に入り急激に増えてきています。

このような状況をうけ、シャプラニールは、バングラデシュのバゲルハット県のショロンコラコラ郡にあるサウスカリ・ユニオン*で、現地パートナー団体JJSと共に、緊急支援として現金給付を開始します。*「ユニオン」は日本では村に当たります。

< 今回の支援詳細 >

■ 対象地域 バゲルハット県、ベンガル湾沿いに位置する県。当会がサイクロン防災事業を続けてきた地域。
■ 支援対象 障害のある家族がいる117の貧困世帯・計585名
■ 支援方法 現金を直接手渡しするのではなく、支援対象者が所有する携帯電話のSIMカード(携帯電話の中に入っている通信に必要なカード)を通じて1世帯あたり2,000タカ(約2,500円相当)を配布します。事業スタッフや現地住民の新型コロナウイルスの感染防止のために、非接触型の配布方法をとることにしました。

支援対象世帯の背景
日雇い労働で日々の糧を稼ぐ人が多く、収入が安定しません。さらに、ロックダウン(外出禁止令)によって仕事が少なくなってしまい、日々の生活に困難が生じています。現地での調査によると、当地域で障害のある家族には最も支援の手が届きにくく、障害者の雇用の機会はさらに限られていることが明らかになりました。


(2020年8月1日更新)
予定していた緊急救援活動が概ね実施の目途が立ちましたため、緊急救援募金の募集を終了いたします。ご支援いただいた皆さま、誠にありがとうございました。また活動を実施する際には、再度募集をさせていただきます。なお、各地での活動の完了報告は随時、収支報告は後日改めて、公式サイトにて掲載いたします。

緊急救援活動の報告はこちら


「誰も取り残さない」活動を、ご寄付で支えてくれませんか。

この活動は、皆さまからのご寄付や会費、また多くのボランティアに支えられ、ここまで活動を続けることができました。ありがとうございます。しかし、まだ社会的経済的にに脆弱な立場にある人々は、支援から取り残され、厳しい生活を強いられています。

私たちはこれからも現地の声を聞き、対話を重ね、「誰も取り残さない」活動を続けてまいります。今、困難に立ち向かう人々を支える活動に一緒に取り組んでみませんか。皆さまのご支援を心よりお待ちしています。

ご寄付について

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA