ココロに効いた点滴

10

先週、コルカタ出張からダッカに戻った数日後にまた熱を出し、ややこしい感染症だったらマズイ、と思い、仕事を休んで自宅近くの「山形ダッカ友好病院」を訪ねました。院長のエクラスール・ラーマン先生は、日本の山形大学医学部卒で日本語も堪能です。ご専門は外科ですが、この地でウイルス性の下痢や熱、肝炎、腸チフス、デング熱などで先生のお世話になった日本人は数えきれないほどでしょう。
私は先生を訪ねる前に、「パラシタモル」という、ここではどこでも手に入る熱さましの薬を自分で勝手に飲んでいたため、ほとんど熱は下がっていましたが、血液検査や尿検査をしてもらうことにし、その日は自宅で休みました。翌朝結果を聞きに行ったところ、腸チフスやデング熱ではなかったけれど、熱や下痢の原因になる細菌がみつかったとのこと。血圧も非常に低く、血中の成分もいろいろ足りないということで、点滴をしましょう、ということになりました。
もう熱も下がってるし、たいしたことなさそうなのに点滴!そんな大げさな、ポカリスエットでも飲んでおけば十分では、とも思ったのですが、先生は点滴をした上、水やジュースも飲め飲め、とおっしゃいます。とにかく水分をたくさんとって、細菌を洗い流さないとダメ。そうやって毎日水をがんがん飲んで1週間たっても細菌が出ていかなかったら抗生物質を使いましょう、というのです。
検査の結果を聞きに行った日、私はくたくたに疲れてはいましたが、もう熱はなかったしそのまま仕事に行くつもりでした。最初の先生の話では昼休みごろまでには点滴は終わるはずでしたが、予定より長引いた2本目の点滴が終わった後、先生はさらにもう一本入れましょう、とおっしゃいます。結局観念して事務所に電話し、点滴を打ちながら病室でテレビを見たり、時代小説を読んだりして丸1日を過ごしました。
その翌々日が今日なのですが、夕方になって自分がとても元気になっていることに気がつきました。昨日から今日の昼ごろまではまだヘナヘナして気力が出なかったのですが、どうやら完全回復しました。点滴そのものよりも、点滴を打つ、という理由で丸一日追加で完全に休んだことがとても重要だったようです。
信州で地域医療に取り組む医師の色平哲郎先生が、2004年度の文芸春秋のベストエッセイ集にも選ばれた『ケア、人間として人間の世話をすること』というエッセイの中で、こんなエピソードを紹介されていました。
———————————————-
村人はじつによく働く。
夏、命綱である高原野菜の収穫期ともなれば、午前2時ころから畑に出て、
夜の八時、九時まで猛烈な労働をする。
心身ともくたくたになった農家の人が、たまに「先生、点滴打ってくんねぇかな」
と診療所に来る。
生物学的には、5%のブドウ糖溶液、あるいは0.9%の生理食塩水500cc
の点滴は、カロリー計算すれば大したエネルギー補給にならない。
市販のアルカリイオン水を飲めばいいとの見方もある。
山村に赴任したての頃、点滴を打つべきかどうか逡巡していた私に
大先輩の清水茂文医師(前・佐久病院院長)は「村人の気持ちを察しなさい。
点滴は必要なのだよ」と言われた。
点滴を打ってみて、その意味が理解できた。
顔と顔の安心感は、ウラを返せば互いを監視しあい、共同体内の緊張を高める
ことにもなる。
農繁期、疲労を理由に休んでいると「サボり」と後ろ指をさされる。
しかし精根尽き果てたら労働が続けられない。
その一歩手前で村人は診療所に来て、「合法的に」1、2時間、静かに横たわり、
点滴を受ける。
それは、とても貴重な時間なのだ。
成分分析では推し量れない効果をもたらす。
打ち終わると晴れ晴れとした表情で帰っていく、、、。
(『ケア、人間として人間の世話をすること』 by色平哲郎医師 より)
—————————————————–
私はそれほど猛烈な労働をしているわけでもないし、休んだからとて「サボリ」と後ろ指さされることもないので、倒れる直前まで肉体を酷使するこの村人とは比べるべくもありません。でも、バングラデシュの地で実力もないのに事務所長の看板など背負い、自分よりNGOでのキャリアの長い部下たちに囲まれていると、せめて休みをとらずに働くことで実力不足の埋め合わせをしなければ、と思ってしまい、出張などで休日出勤が続いても代休をとることはしませんでした。それで知らず知らずのうち疲れがたまっていたのかもしれません。
1日かけて打ってもらった3本の点滴、いささかおおげさな感はありましたが、おかげで思う存分休息することができました。ラーマン先生はそこまで考えて点滴を打っていきなさい、と言われたのかどうかわかりません。でも、本当に有難い判断でした。
先生ありがとうございました。点滴、たいそう効きました。またなんとかがんばります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

10件のコメント

  1. ハッピージュンコ on

    藤岡さん先週は大変でしたね。でも、素早い判断で良い病院へ行かれた事、本当に良かったです。点滴とは疲労度の深い人ほど効果があり、回復された時の様子は驚異の部分でもあります
    私の職場の話ですが、お年寄りが食べ物を受け付けない場合いは直に隣の循環器病院へ移送し点滴を受けられる。すると、見違えるようにお元気になられます。色平Drの言われるケアの意味がよく分かる気がして、自分の仕事の面でも勉強になりました。藤岡さんも無理をされないで。今後、インドツアーが企画されたなら是非参加させていただきたいと思います。コルカタでのNPO活動を心より応援しています

  2. いのくま on

    大変でしたね。東南アジアでデング熱流行中、なんていうニュースを聞いてビビッていた私です。無事回復されてよかったですね。
    私も、疲れてダウンするとよく近所のかかりつけの耳鼻科(!)で点滴打ってもらいますよ。1時間くらい病院のベッドで横になるだけで、元気になるから不思議です。
    お元気で、来月帰国されるのをお待ちしてますよ!

  3. ふじおか on

    ハッピージュンコさん!お元気ですか?日本は台風で大変だったみたいですね。
    インドの活動、小さな規模で少しずつ歩んでいる、という感じです。まだ数は少ないですが、DICに来る女性たちはこの場所をとても気に入っているようです。
    インドでのスタディツアーもできるといいですが、もうちょっと先になるかな…。でも実現の暁には是非一番乗りでご参加くださいね。

  4. ふじおか on

    いのくまさん、
    ラーマン先生によると、デング熱も人によって症状の軽重にずいぶん差があって、ひどくない場合は風邪かと思ってやり過ごしちゃう人も多いんですって。重いとすごく大変ですけどね。
    耳鼻科で点滴って初めて聞きまた。耳鼻科といえば耳も海外長期滞在中にやられる人多いんですよね。とくに突発性難聴が多いように思います。
    私も以前インドに住んでいたとき、風邪から中耳炎をこじらせて死ぬほど痛くて泣いたことがあります。忘れもしない1999年の大晦日の夜。鼻が詰まってるときに飛行機に乗ったら、離陸のときにバリっと音がして中耳炎になってしまいました。それ以来、風邪引きで飛行機に乗るときはビクビクしています。

  5. j、フォキール on

    ですね!点滴ってどうしてあんなに効くのでしょう。私も2年前にバングラに行った時、生まれて初めて受けました。1本目が午後に始まり、いつまでたっても終わらない・・トイレの行き方も分からない・・ほとんど寝ることができず、翌朝10時頃終わったらもう1本。2本目は夜7時頃に終わりそうなので、退院できるかと思いきや、もう1本。2泊してピンピンになって宿に戻りました。数を自分で調整することを知らなかったので、いつまで入院するのだろうと心配しました。Dr曰く「軽い腸チフスです。何かしましたか?」。私「いつもの様にガプトリバススタンドの前の庶民の食道でカレーを食べました」。Dr「私だってあんな所じゃ食べないですよ!」考えてみれば、あそこはゴミの埋め立てで出来た土地。31年間で初めての体験でした。ダッカ・山形友好病院でのことです。ラーマン先生とは開業したてからの知り合いで、それ以前に山形で、スライド講演会をして、私なりの情報提供とアドバイスをしたことがあります。歯科医の弟さんは、宮崎医大で研修を受けていたので、宮崎で会ったことがあります。私のふるさとです。
    8月の初めての一時帰国講演会に申し込みました。楽しみにしています! ブログの記事も生かして下さいね!例えば、シャプラの本部が、出席者に対して「藤岡駐在員のブログをご覧下さい。日本の歴史ではこうだっのです」とインフォを流して下準備をすれば、当日、グッと深く実のある話ができると思うのですが!プロジェクトの話だけだと、他人事なんですよね!「かわいそう!なにかしてやらなくちゃ!」その裏には「自分(たち)は、ああじゃなくて良かった!」という区別?差別?
    日本にも点滴が必要ですね!心の天敵を退治しないと!
    あれー?じゃ藤岡さんは点滴?!

  6. ふじおか on

    そうですか、j、フォキールさんも山形ダッカ病院で点滴されてましたか(笑)
    ラーマン先生の話では、ダッカ北部に新しい病院を建設中だそうです。現病院のスタッフたちは、この近くから通う患者さんたちのために今の場所も残してほしいと懇願しているそうで、現病院がなくなることはなさそうですが、ラーマン先生は新しい病院のほうがメインになるようです。
    8月に早稲田でお会いできるのを楽しみにしています。お言葉どおり、ブログの関係記事もご紹介しようと思います。

  7. j、フォキール on

    少し時間が経ちましたが・・。
    ダッカの北部?じゃ、飛行場の先かな?だとしたら、2年前から、医学校を建設し始めた「愛知・マオ病院付属学校」の近くでしょうか!?
    藤岡さんは、Drをご存知ですよね!
    過去、いろいろな勉強で、日本で留学や研修をしたバングラデシュ人は多くいますが、それを活かしている方は、開業医では、この二人だけだと思うのですが、他の分野では?専門医として何人かはおられますね。留学生のその後を調べて、ODA、NGOを問わず、日本全体で評価をしてもいい時期にきているのではないでしょうか?!
    点滴の効果はいかほどか。バングラが独立して35年。

  8. ふじおか on

    j、フォキールさん
    愛知マオシシュー病院は家から遠いので私はまだ行ったことがないんです。日本への留学については、以前このブログに元留学生の方がコメントをくださって、欧米の留学経験者に比べ、日本への留学経験者に対するバングラデシュ社会一般の評価がまだ低く、帰国後なかなかいい仕事がみつからないのが悩みということでした。
    最近筑波大学に留学されているバングラデシュ人の方と何人かお会いしましたが、皆さんとても優秀ですね。今後彼ら・彼女らが帰国後、バングラデシュ国内で実力を発揮できる職場や機会がうまく得られるといいのですが。

  9. マッキー on

    元気になってよかったです。海外での病気は心細いよね。
    フィリピンのこともいろいろやられている色平先生の名前をみて書き込みました。その本は読んでいないので読んでみます。
    休日はちゃんと休むのだ!

  10. ふじおか on

    マッキー
    コメントありがとう。今月はなかなか休めない月でしたが来月はその分ちょいとお休みをもらいます。きのう会議が終わって出張者は今日ネパールへ移動。ちょっとひと息ついて、遅ればせながら参院選の結果見たりしてます。

コメント

CAPTCHA