講師派遣

シャプラニールでは、学校の国際理解に関する授業やキャリア教育、市民向け講座、企業における勉強会などで、南アジアの生活や現地の支援活動についての講演を行っています。
以下の点をご確認のうえ、お気軽にお問合せ下さい。

▼学校・市民団体向け講師派遣をご希望の方はこちら

▼企業向け講師派遣をご希望の方はこちら


学校・市民団体向け講師派遣

<講演形式、内容>
希望されるテーマをお伝え下さい。例えば、以下のような内容が可能です。
講義形式とワークショップ形式がありますが、組み合わせて実施することもできます。

A. 講義形式(30分~120分)

講義イメージ

講義イメージ

・バングラデシュ、ネパールなどの生活、文化紹介
・シャプラニールの支援活動について
・働く子どもたちの現状と支援活動
・フェアトレードの活動について
・NGOで働くということ  など

B. 体験型ワークショップ(60分~120分)

サリーの着付け体験の様子

サリーの着付け体験の様子

・バングラデシュのカレー作り *
・民族衣装(サリー)の着付け体験
・バングラデシュの刺しゅう(ノクシカタ)体験 *
・ネパールの編み紐 キーリング作り *
※*印がついているものに関しては、別途材料費がかかります。

C. 参加型ワークショップ(60分~120分)
・ダッカのストリートチルドレン
ストリートチルドレン100人に「あなたの仕事は?」「最近の嬉しかったり、悲しかったりした思い出は?」という質問を行って作成した写真パネルや、村の子どもがストリートチルドレンになるまでのシナリオなどを使った参加型ワークショップ
・一枚の布から見える、女性たちの暮らしの変化
バングラデシュの伝統刺しゅうノクシカタ生産者の暮らしを通じて、フェアトレードや村の女性たちの生活と私たちの暮らしなどについて考えるワークショップ
※上記の他、家事使用人として働く少女が支援センターに通い、夢を抱けるようになるまでのシナリオもあります。ご興味のある方はお問い合わせください。
D. 専門分野(60分~120分)
・NPO(シャプラニール)の運営
・NGO(シャプラニール)の総務、会計
・NGO(シャプラニール)の広報
・NGO(シャプラニール)のファンドレイジング

<対象>
対象者、何人規模になるかをお伝えいただけると講演内容を組み立てやすくなります。

<ご希望の日時>
日曜日、月曜日は定休日となります。ご考慮いただけますようお願いします。

<費用>
多くの方々に海外協力活動についてお話しする機会を持ちたいと考えている一方で、限られたスタッフ人員での運営しております。スタッフ派遣にかかる経費(交通費、旅費、人件費等)についてご負担いただきたくお願いいたします。

<これまでの講師派遣実績>
2014年度:26回、2015年度:28回、2016年度:22回

<申込から実施までの流れ>
1. 申込書(Word形式/PDF形式)をダウンロードし、ご記入の上、事務局までFAX(03-3202-4593)またはE-MAIL(event@shaplaneer.org)にてお送りください。
2. 日程や内容について調整の上、折り返しご連絡いたします。
3. 実施が決まりましたら、テーマ・内容等について、メールや電話にて打ち合わせを行います。

過去の講演会・ワークショップの様子はこちら:
東京世田谷東深沢小学校ワークショップ
パルシステム東京様主催「ピースフェス2017」サリー着付け体験
パルシステム東京様主催 バングラデシュカレー作りワークショップ
横浜市内の小学校主催 バングラデシュに関する授業開催
横浜市内の小学校主催 フェアトレードに関する授業開催
横浜市内の小学校主催 フェアトレード商品販売会実施


企業向け講師派遣

社員を対象にした企業での講師派遣も承っています。社員研修やセミナー、勉強会など、お気軽にお問い合わせください。
学校、市民団体向け講師派遣はこちら

講師紹介:小松豊明(事務局長)

小松事務局長

小松事務局長

北海道札幌市出身。2001年にシャプラニールへ入職。フェアトレード部門、ネパール事務所長、国内活動担当を歴任。東日本大震災直後に福島県いわき市を拠点に復興支援活動を指揮した。2014年より事務局長を務める。2015年度よりJANIC(国際協力NGOセンター)理事。地元・西東京市では小学校でのボランティア、中学校の避難所運営協議会等の活動に関わっている。2017年に社会福祉士の資格取得。

講演メニュー例:

1. 市民社会における国際協力NGOの役割
・日本のNGO黎明期に始まった活動の経緯、試行錯誤からの学び
・市民活動としての歩み、市民社会組織としての責任
・SDGsとNGO
・NGOを取り巻く現在の社会状況、縮小するNGOの活動スペース
・パートナーシップについての考え方
・多様化する国際協力の主体、これからのNGOの役割と存在意義

2. ネパールの歴史と今
・ネパールの成り立ち、歴史、文化、民族、人々の暮らし
・ネパールの政治、NGOの活動
・新憲法と新しい政治体制

3. フェアトレードの先駆者として
・日本最古のフェアトレード団体の歴史と学び
・フェアトレードの変遷、理念
・フェアトレードの現場と課題
・フェアトレード・タウン運動の発展過程と可能性

4. コミュニティ・レジリエンス ~災害に強い地域をつくる~
・「レジリエンス」って?
・住民主体のコミュニティ防災の実践
・緊急救援と防災、災害マネジメントサイクル
・日本国内の災害対応の経験から学んだこと
・世界の動き:仙台防災枠組2015-2030、SDGsにおける防災の位置付け

5. 途上国と日本の課題をつなぐ
・途上国と日本の課題:共通点と相違点(子どもの貧困、災害対応、地域おこし)
・現場から学ぶという視点

講師紹介: 藤﨑文子(事務局次長)

藤﨑事務局次長

藤﨑事務局次長

神奈川県川崎市出身。大学卒業後、民間企業勤務を経て1997年シャプラニールに入職。フェアトレード部門勤務の後、バングラデシュのストリートチルドレン支援事業を担当。バングラデシュ、ネパール両国で事務所長を勤め、駐在計11年。児童労働、先住民族、教育格差の解消や災害に強いコミュニティ作りなどテーマは異なるものの、当事者と住民や学校などの地域アクター、地方行政が問題解決に主体的に関わっていくためのきっかけを、外部者としていかに作っていけるか、という問題意識で事業を計画しています。

講演メニュー例:

1. ストリートチルドレンと過ごした15年
・バングラデシュについて
・ストリートチルドレン-子どもたちが路上に出る理由-
・シャプラニールの取り組み(2000年~2011年)
・支援を受けて巣立った子どもたちのケーススタディ
・シャプラニールと事業が果たした役割

2. 児童労働-バングラデシュの働く少女たち
・児童労働とは -世界とバングラデシュの状況-
・なぜ子どもたちが働いているのか
・シャプラニールの支援
-子どもたちへの直接支援と周辺への働きかけ
-子どもを働きに出さないためのキャンペーン
-家事使用人として働く子どもを保護する法律成立を目指したアドボカシー
・成果と課題

3. 住民のエンパワメントと行政サービス改善
-初等教育を切り口として
-先住民コミュニティの初等教育支援
-サイクロン常襲地における住民と行政の共同事例など

4. プロジェクトマネジメント

5. リスクマネジメント

6. 途上国と日本の課題をつなぐ
-途上国と日本の課題:共通点と相違点(子どもの貧困、災害対応、地域おこし)
-現場から学ぶ、という視点

<ご希望の日時>
日曜日、月曜日は定休日となります。ご考慮いただけますようお願いします。

<費用>
50,000円~(交通費別)
※講師料はご予算に応じて調整させていただきます。まずはご相談ください。
交通費は原則、実費のご負担をお願いしています。

<申込から実施までの流れ>
1. 申込書(Word形式/PDF形式)をダウンロードし、ご記入の上、事務局までFAX(03-3202-4593)またはE-MAIL(event@shaplaneer.org)にてにてお送りください。
2. 日程や内容について調整の上、折り返しご連絡いたします。
3. 実施が決まりましたら、テーマ・内容等について、メールや電話にて打ち合わせを行います。


お問い合わせ

特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:藤﨑
〒169-8611 東京都新宿区西早稲田2-3-1 早稲田奉仕園内
TEL:03-3202-7863 FAX:03-3202-4593