信じる者は裏切られる、のか?

2

おととい某パートナー団体とのミーティングで、休憩時間の雑談時に前回このブログにも書いたアワミ連盟のマニフェストの話を持ち出したら、その団体の専務理事に「あ~んなモノは忘れたほうがいいわよ。真に受けちゃダメよ。絶対実現しないから。そもそもほとんど読んでる人なんていないよ」とバッサリ言われてしまいました。うーん、そうなの?でもいいんですか、それで。
確かに読んでる人はヒジョーに少ないでしょうね。ベンガル語版、英語版があるけど、ベンガル語だって読み書きできない人が多い国なんだし、新聞購読してる人なんてごく一部のエリートだけだろうし。ほとんどの人は「米の値段を下げる」という話と「肥料を補助する」という話しか気にもしてないかも。「アワミは米の値段をキロ10タカまで下げると言った」「いや言ってない、それはBNPが言ったんだ」「肥料をタダで提供すると言った」「いや言ってない」とか、そんなやりとりばかりがニュースになってますもんね。ああ、あと「デジタル・バングラデシュ」はキャッチーだからけっこうみんな冗談まじりに口にしてますけどね。
それから、今日の昼休みにうちのスタッフの政治好き2人に、前回このブログで触れたDaily Starの記事(1名を除きクリーンな内閣メンバーだ、と書いてあったこと)と、私が前に飛行機で隣り合った人のことを聞いたら、2人とも飛行機の人は確かにビジネス長者だけど比較的クリーンなイイ人で、Daily Starが言ってるのはべつの人のことだろう、っていうんですよね。そうなのかなあ。
あのマニフェスト、しばらくたって気がついたらすーっとアワミ連盟のウェブサイトから消えてたりするのかしら。デキ、キーホベ。
P1010391.jpg
前回と同じ牛ちゃんドアップ。撮ってたらびよーんと接近。カメラに鼻くっつけないで~。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. あだち on

    こんにちは。
    チッタゴンでは壁新聞というか、新聞社の前にあるその日の新聞を
    読んでいる人結構いました。
    町だからってのもあるのでしょうけど、
    ルンギとシャツの姿でよく読んでましたよ。

  2. ふじおか on

    あだちさん、こんにちは。
    壁に貼ってある新聞を立ち止まって読んでる人たち、ダッカでもモティジールのあたりで見ますね。ファームゲートにもそういうところあったかな。チッタゴンでもやってるんですね。
    あれ、いい方法ですよね。サイクロン被災地の新聞の届かない村でやったらどうかね~、という話をうちのスタッフとしてます。

コメント

CAPTCHA