人が雷に打たれると…

6

この季節、バングラデシュでは雷がよく落ちます。日本でもゴルフ場などで人が雷に打たれる事故がたまにありますが、平らな大地が広がるバングラデシュでは、畑や田んぼで農作業中の人や、屋根に上がっていた人の上に雷が落ちてしまうことが多々あります。
今朝新聞を見ていたら、昨日バングラデシュ南西部のシャトゥキラ県で、田んぼで農作業をしていた人たち13人が雷に打たれ、病院に運ばれたが全員重症、という記事が載っていました。
それを読んで思い出したのは先週昼休みにダッカ事務所のスタッフから聞いたちょっと不気味な話。
スタッフA 「農村部の田舎ではね、時々雷に打たれて亡くなった人の遺体が盗まれることがあるんだ」
私   「遺体が?! 何のために?」
スタッフA 「んー、よくわからないんだけどね、雷に打たれると人間の身体の何かが変化する、という迷信があるらしいんだ。とくに脳みそが。」
私 「で、でもなんで盗むわけ?盗んでどうするわけ?」
スタッフA 「うーーん、それは僕にもわからないんだけど、盗まれるのは人間なんだ。牛とか山羊が雷に打たれてもべつに盗まれないみたい。」
私 「(半信半疑で他のスタッフたちに)ほんとなの、それ?みんなそんな話聞いたことある?」
スタッフB 「ある」
スタッフC 「僕もある」
スタッフD 「私もある」
その場のスタッフ全員「でも盗んでどうするのかはわからない」
私   「うー。(ますます混乱)」
農村部では病気になった人が借金して多額の治療費を払ってでも地方都市の病院まで行く、というケースがかつてに比べてずっと増えている一方で、今でもいろいろな迷信があるようです。人々に話を聞くと、症状によって、こういう場合は病院、こういう場合はコビラージュ(祈祷師)と使い分けているらしく、その判断基準は話を聞いてもどうもよくわかりません。彼らにとっては明確なものがあるらしいのですが。
雷に打たれた人については、アッラーの怒りに触れたのだ、と忌み嫌われる場合もあるそうで、こっちはまだ理解可能。でも遺体が盗まれるっていうのは気持ちワルイ。雷に打たれるとどうなるっていうんだろう?
今度村人と話をするとき、そんな言い伝えがあるかどうか聞いてみましょう。笑われるかもしれないけど。ついでに日本では「雷様におへそをとられる」という話があることも教えてあけましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

6件のコメント

  1. ひゃ~~っ。
    本当に不気味な話ですね。
    何のために盗むのか、盗まれた遺体がどうなるのか、もし分かったらまた教えてください…。
    雷様におへそを取られる話、子供の頃本当に信じていて、お風呂に入っている時に雷が鳴ると、必死でおへそを隠していた記憶があります~。

  2. ふじおか on

    きなこさん、
    うちの妹も(今は6年生の女の子の母になってますが…)子どもの頃信じてましたね。親に「●●ちゃん、おへそなくなってるんじゃない」なんてからかわれると、そーっと服をめくって確かめていました。
    しかしバングラデシュみたいにしょっちゅう雷が鳴っていたら、おへそいくつあっても足りませんねー。

  3. いのくま on

    ふじおかさん、その節はお世話になりました!楽しかったです。
    やっとなんとか仕事が落ち着きました。またゆっくりメールします。
    それにしても、バングラデシュでは雷もスゴいんですかー。ますます栃木とそっくりです!(日本一多いらしい…)。子どもの頃、よく「あっちの方向に黒い雲が出たらすぐに雷が来るからすぐに家に帰ってくること」なんて言われてましたよ。でもさすがに雷に撃たれた遺体は…なかったですね。

  4. ふじおか on

    いのくまさん、
    そうですか、栃木は雷も多いんですか。ほんと、似てますねー。バングラデシュの雰囲気を疑似体験したい人はまず栃木にGO!ですね。

  5. j、フォキール on

    雷が鳴ったら蚊帳に入れば大丈夫です!ただし、バングラのナイロン製のは分かりませんが日本古来の麻や綿製のは大丈夫!5年前四畳半用、2年前8畳用のをバングラで作り(小さな店でオーダーメイド)愛用していましたが、昨夏、念願の麻製が手に入り、夏は、障子もガラス戸も開けっ放しで寝ています。
    一昨日(4月28日)、関東地方も春の嵐でした。空が急に暗くなり雷と雨。2時間程でしたが、多分、栃木の方からきたのでしょう!いのくまさん「上州女とからっ風」も関係ありますか?
    熱い夏が終わり、バングラはいいいよ雨季の到来ですね!タゴールもよく詩っている雨と雷。みんなこの日を待ちわびているんですよね!1983年、シャプラがチャメリバッグ(スタジアムの近く)にあった頃、風を引いてベッドに横のなっていました。急に風が吹き始め、空が黒くなり、ガラス戸と言わず、ビルと言わず、天地が揺れ鳴るのです。徐々に南の海方向に去って行ったと思っていたら、30、40分後戻って来たのです。その後また南に去って行きました。ベンガル湾で暖められた熱い空気がヒマラヤに押し返されてきたんですね。田舎だと避難する場も無く、怖い思いをしたことがあります。でも、遺体のことは初めて。ぜひぜひ調べてお知らせ下さい!あー行きたいな!藤岡さん2年になりますねー。いつもすばらしいブログありがとうございます!とても勉強と刺激になり、時々、雷に打たれたようになります。

  6. ふじおか on

    j、フォキールさん、お久しぶりです!麻の蚊帳、いいですねえ。涼しそう。
    私もきのう布団屋で、新しいマットレスをつくるついでに蚊帳を買いました。「VIP」という名前の、布団屋さん曰く最高級の蚊帳なんですが、もちろんナイロンです…。

コメント

CAPTCHA