バングラデシュ政府が堤防修復へ

0

政府が昨日Aila被災者救援についての閣僚会議を開き、堤防修復を含む緊急救援・復興支援内容を決め、発表しました。

Daily Star 6月1日 バングラデシュ政府Aila被災者へ1億タカの救援

この記事によると、昨日1億タカ相当の飲料水の緊急救援を出したとのこと(遅すぎるよ今ごろ。それが届くのにあと何日かかるのか)。そして11億6
千万タカ(約16億2千万円)をかけて堤防の修復も行うそうです。被災者の「堤防を直して!」の叫びがようやく通じたか…。

沿岸部の河川の堤防は計200kmが完全に壊れ、1128kmが部分的に壊れているそうです。単純に16億2千万円を1328kmで割ってみたら、
1kmあたり約120万円。JJSが見積もったkmあたりの修復に必要な金額とほぼ同じです。まあ計算としてはイイ線だということでしょう。ただしこの
11億6千万タカ、4億1千万タカがキャッシュで、残りは7億5千万タカ相当の米と麦だそう。Food for Workでやるってことなのか。

バゲルハット県ショロンコラ郡(私たちが緊急救援を行っているところ)とシャトキラ県のアサスニ、シャムノゴルは軍が、その他の場所はWater Development Boardが直すそうです。

しかしこれを聞いて安心するのはまだ早い。今朝のべつの新聞記事によると、これから雨期に入ってしまうので、本格的な堤防修復工事を始められるのは
雨期が明けてから(10月か11月ごろ)になってしまい、まだあと何ヶ月も先になるというのです。応急手当的な修復は10日以内に始める、ということです
が…。

Daily Star 6月1日 Ailaの苦しみは数ヶ月続く- 堤防修復に長期間要 

9月から12月にかけて次のサイクロン・シーズンが来てしまうことを考えると、被災した沿岸部住民はまだ当分のあいだ高潮再来の恐怖に怯え続けなければならないことになります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA