学校にいける!

4

今日は大晦日ですね。大掃除が終わって、お正月モードでしょうか。
ずっと更新をせず、いろいろな方から気にしていただきすみませんでした。
10月にデング熱になり、11月中旬には復活していたのですが
ずっと、更新せず失礼しました。いまはもうすっかり元気です!
来年の目標(?)、こまめにブログを書くこと。
早速、今年の最後ぎりぎりに更新します。
先日、駐在員交代の挨拶のため、パートナー団体であるPAPRIを訪問しました。
その際、活動のひとつ、障がい者への支援活動を見させてもらうことになりました。
この日は、担当スタッフのナシマに同行し2人の子どもに会いに行きました。
PAPRIでは、障がいのある子が手術を受けることなどもサポートしています。
(治療費は、補助を出したり、全額負担などその家族の経済状況などによります)
一人は、12日前に手術を受けたという7歳のノズルル・イスラムくん(7歳)。
彼の足首は逆を向いてしまっていて歩くことができませんでした。
彼のおばあさんがPAPRIのマイクロクレジットのメンバーであり、
PAPRIが障がい者に対する活動をしていると聞き、孫のことを相談したとのこと。
ノズルルくんは学校で友だちに足のことをからかわれたりもしていたそうです。
でも、3カ月後には歩けるようになり、友だちとも遊べるようになる、とうれしそうでした。
P1000272.jpg
次に会いに行ったのは、ロビンくん(4歳)。
彼もノズルルくんと同じ障がいがあり、2才の時に右足首の手術を受けました。
「この子、どこかで見覚えがある」と思いながら話を聞いていると、
2006年12月の会報(220号)のプロジェクト・ニュースで紹介されていたロビンくんでした。
今では普通に歩き、おじいさんがしている屋根の修理を真似して手伝ったり、元気いっぱいです。
ロビンくんは、もうすぐ学校に通いはじめます。
すると「ちょっと待ってて」とお母さんがロビンくんを家の中に連れていきました。
すると、新しいかばんと靴を履いたロビンくんが姿を見せてくれました。
P1000274.jpg
彼のことをPAPRIに相談したおじいさんは、彼の足が治って本当にうれしそうでした。
「この子の足が悪かったときには、村の人に『障がい者』とからかわれたりして、本当につらかった。
今は本当に幸せだ。アッラーにお祈りをするとき、いつもナシマ(PAPRIの担当スタッフ)にも
感謝の気持ちをお祈りしているんだよ」
P1000277.jpg
このような関節に障がいがある人をいろいろなところで見かけます。
原因は何なのか、担当スタッフにきいたところ、
「よくわかっていない。でもバングラデシュにはとても多い」といいます。
でも、手術を受ければ普通に歩けるようになります。
手術を受けた子だけではなく、周りの人々が心から喜んでいる姿を見て、
このような「機会」の大切さを感じました。
今度この地域に来た時に、ノズルルくんの様子を見に来たいと思います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. j、フォキール on

    9月に赴任して10月にデング熱。で、内山さんは語学学校に行けるようになりましたか?
    大変でしたね・・。
    新年明けましておめでとうございます!と言ってもこれは太陽暦の西洋カレンダーでのこと。 イスラム暦には関係ありませんね。
    今年の目標、楽しみにしています!コメントをガンガン書いて応援しますのでよろしく!!!
    この足の病気と手術のことは、以前、何かで見て調べたことがあります。再度検索したのですが、見つけることができませんでした。手術すれば歩けるようになるんですよね!からかわれたり差別があると言うことは、悲しいかな、まだまだ五体満足、健常者中心の考えがあるということですよね!?日本もそうですが・・。
    1枚目の写真、なかなかいいですね!母親は緊張していますが、おばあちゃんはこころから うれしそうで・・もちろん本人も!
    2.3枚目も。
    このことから、本人はもとより親や祖父母までもが差別されてきたんだと分かります。我が身にとって返し、差別する側になってはいけない!と教えてくれた内山さんの再開ブログでした!
    バングラデシュの農村は、「しゃがむ」文化。ぜひ同じ地べたに座って話をして、それを伝えて下さい!健康にはくれぐれも気をつけながら!

  2. >j、フォキール さん
    早速のコメントありがとうございます。うれしいです。
    そう、私も来週から学校に行けます!
    この足のことで以前調べたとのこと、もし再度見つけたら教えてください。
    「しゃがむ」文化、ほんとうにこの国はいろんなところでいろんな人がしゃがんでいますね。それも「ぺたん」と。足首がやわらかいなーなんて関心しています。

  3. はじめまして…(といっても前回のブログにもコメントを書かせていただきましたが…)
    内山さんはいつまでバングラに赴任になるのですか?
    藤岡さんの日記同様に、バングラ情報を楽しみにしています。
    頑張ってください☆

  4. >Mariさん
    コメントありがとうございます。
    私の赴任期間は2年~2年半の予定ですので、まだまだこれからです。どうぞよろしく。
    さて、
    この子たちの、足が反対を向いてしまっていたりする障がいは、「先天性内反足」ではないだろうか。というコメントをいただきました。サイトをみると、日本では1000人に1人の割合で発生し、日本でも原因はわかっていないようです。ただし、5歳くらいまでに正しい治療を行えば、不自由のない足を成形できるとのことです。
    バングラデシュではどのくらいの比率で発生しているのかデータがありませんが、発生率は変わらないとした場合でも、小さい時に治療をうけられる率がとても低いため、その障がいを持っている人が多く見られるということもいえるかもしれないですね。

コメント

CAPTCHA