10タカの花

4

今日(土曜日)昼頃、近所のスーパーから家まで戻るのにリキシャに乗りました。このスーパーは私の家からとても近く、間にある本屋の裏口から表へ突っ切っていくと5分もかかりません。帰りは荷物があるのでスーパーの前からリキシャに乗ってぐるっと回って帰ることが多いのですが、近いのでまあ5タカも出せば上等、というのが相場でしょう。
降りて6タカ払おうとすると、リキシャワラはあと2タカくれ、と粘ります。
「こんなに近いのにそんなに出せないよ。6タカでも多いぐらいでしょ」
「マダム、もう3時だけどわたしゃ昼飯も食べてないんですよ」
「そう。でも無いよ、あと2タカは。」
「10タカあるでしょう、2タカおつりがありますよ」
「出さないったら!」
よくあるやりとりです。ここで「私が外人だからふっかけてるんでしょうが!」と怒ってみせたりすることも。
「わかったよ。いいよ6タカで。でも貧乏人に2タカ出したからってあんた何が困るんだい?」
ほんとです。2タカは日本円にすれば4円足らず。それを出そうが出すまいが、私が困ることはいっこうにないのです。なのになぜムキになってしまうのでしょう。
夕方、食事に誘われて、CNG(天然ガスで走るオート三輪タクシー)に乗り、店のあるグルシャン方面へ向かっていました。国会議事堂の横を旧空港へ向かう道の信号待ちのところで、花を売っている子どもたちがいました。そのうちのひとりは前にも2~3度ここで見かけ、ちょっと話したこともある男の子。年は10歳ぐらいでしょうか。ひょうきんで、愛嬌があって、とても可愛い男の子です。小学校のクラスに一人はいた人気者の子、という感じの子です。
私が、「あ、あの子がいるな」と思ったら、その子も私に気づいたようで、花をもって私のCNGにすっとんできました。「アパ、お花買って。ほら、いい香りでしょ?10タカだよ。ねえ。」と愛嬌たっぷりにせまります。座席の横に無理やり花をおいて、CNGの反対側に回って「ね?」と手を出したりします。子どもがさしだした花束は白いフリージアのような、香りの強い花でしたが、少し開きかけていました。
いつもなら、買わないにしても「小銭がないんだよ、ごめんね」とひとこと言うとか、子どもを拒絶しないような断り方をして、子どもも「バイバーイ」と見送ってくれる(買わなくても)ことが多いのですが、今日はなんだか私の心はかたくなで、「ダメダメ、いらない」と花をつきかえしてしまいました。
信号が青にかわり、CNGが動き始め、私につきかえされた花を受け取った子どもの顔がゆがみました。落胆と疲れ、拒絶された悲しみ。この子のこんな顔は見たことがありませんでした。
走るCNGの中、目的地に着くまで、ずっと後悔していました。たかが10タカの花、気持ちよく買ってやればよかったのに。あの子は花が売れるまできっと帰れない。たぶん近くのスラムに家があって、親がこの子の稼ぎをあてにして待っているのでしょう。
一方でストリートチルドレン支援活動をしながら、路上で懸命に花を売る子を突き放す。貧しい人の収入向上と言いながらリキシャ代の2タカに怒る。私はここで何をやっているんだろう?
CNGがグルシャンの大通りに入ると、両手が肘から切断された男性がCNGに寄ってきました。私がどうしようか一瞬迷った間に、CNGのドライバーが静かに彼にコインを渡し、この男性は次の車へと歩いていきました。
 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. 身につまされる思いがしました。ダッカに住んでいると、同じようなことを考えざるを得ないように思います。リキシャワラに通常より多めに請求されたとき、物乞いの人と目があったとき等等、ここで簡単に渡すことが正しいのだろうか、と思って躊躇する一方で、10タカ、20タカが外国人としてここで仕事する自分にとっては大きなお金ではないことは確か。何かこの国の人ためになればと思って仕事をする一方、それは大海の一滴にすらなってないんじゃないかという気持ちもあり、その一方で、現実に今ここで困っている人がいて、それに対して何もしないということはどうなのか。時々贅沢で外食するとその何十倍もをポーンと使っているのに、一体、これってどうなのよ。自分も、どうするべきなのか、すっきりした答えが出てません。

  2. ふじおか on

    brigangaさん、コメントありがとうございました。ダッカで生活していると毎日直面することですよね、これって。
    スタディツアーで日本からみえる方々にもよく聞かれます。「物乞いの人や物売りにはどう対応すればいいんですか?」と。「こうすればよい、という正解はありません。私はこうしていますが、あなたがいいと思う方法で対応してください」としか言いようがありません。
    物乞いの人には私は基本的にお金は渡さないのですが、まったくゼロ、というわけではなく、たまーに渡すこともあります。その基準は何かと言われても、「その時そういう気持ちになったから」としか言いようがないんですよね。
    ほんと、私たちのしごとも大海の一滴、だなあ、と思います。せめて意味のある、変化につながる一滴にしたいです。

  3. j、フォキール on

    「1タカ、2タカが貯まればどうなるかね?」
    13年前、ダッカのスタジアムの前で、ポリオが原因で頭部以外全てが麻痺し湾曲した物乞いさんがこう言ったのです。1年後、彼のふるさとラジシャヒまで同行し(バスで7時間)、新築した家に行き、奥さんと子どもたちに会いました。
    (この時の様子は、シャプラニール会報「南の風」1994年11月号と1995年12月号に「マヌシュ・コライ(人間にする)と題して書いています)
    これ以来、街中で偶然出会う物乞いさんたちで、障碍をもった人や高齢者や明らかに大変そうな人には、その出会いを運命と思い、10パイサ50パイサ、1タカ2タカ、時には話をして10タカを人生の支援としてあげています。バス停などの決まった場所で仕事をしている人には再会する度に。
    いかにも悲しげな顔をして手を差し出してくる子どもには(ほとんどは、スラムに住んでいたり、ストリートチルドレンです)一度グッと目を見つめ、目をそらす子は、外国人とみての俄か芝居なので、「こらー!」とこちらも俄か芝居をしたあと少し笑うと、向こうもニヤリとします。お金をやることはせず、「名前は?いなかは?歳は?親は?・・」などの話をします。これは私の独りよがりかも知れませんが、虐げられつづけている中で、きょう今この場で外国人の私と話をしたということが、彼らの人生の中で大きな出来事のひとつになるように、すばらしい出来事のひとつになるように心掛けて接しています。
    片手のないハンサムな14歳の少年と下半身麻痺の新婚青年は、イードの時期に大勢の信者で賑わうスタジアム前で、できるだけ稼いで「小さな商売をする!」と話してくれました。数年後に周囲の人に聞いたら、田舎で小さな店をやっているとのことでした。
    これを通して分かったことは、相手をちゃんと見ずして、話もしないで、こちらが勝手に姿形だけで「怖い」とか「汚い」とか「貧しい」と決め付けてしまって、自分から遠ざけていたということと、「あーでなくて良かった!」という差別をしていた自分でした。同じ人間として見ていなかったのです。
    わずか北海道の2倍弱の狭い大地ではあるけれど、地球誕生以来の歴史と知恵があり、1億4000万人が住む、とてつもなく大きい「海」バングラデシュ。お二人はいま確かにその中の1滴!その1滴は、ベンガル湾に流れ出てインド洋へと拡がり太平洋、大西洋、北極海へと流れていくことでしょう!つい最近の記事に藤岡さんが書きましたね。「駐在員の・・を満たすのには・・」と。これまでのシャプラのスタッフやスタディーツアー参加者のその後の人生を見ると、その1滴1滴は、静かな波(ウエーブ)となり、次の世代へも確実に拡がっています!
    どこかの宗教書や哲学書ではありませんが、「私が変われば世界も変わる!」               確かにこれにも一理ありでしょうか!
    これからはインターネットの時代、宇宙を通してどこへでもサッと行く時代になりましたね!

  4. ふじおか on

    j、フォキールさん、
    人との接し方を通して自分が見える、ということもありますね。私はガロのNGOのリーダーの人に、「私の家のお手伝いさんもガロの人なんですよ」と話をしたあと、彼女のフルネームを聞かれてとっさにファーストネームしか答えられず、焦ったことがあります。自分の彼女に対する関心の低さに気づいて愕然としたのです。その後つとめて話をする中でいろいろ彼女のこともわかりましたが…。「愛の反対は無関心」、マザー・テレサの言うとおりだと思います。

コメント

CAPTCHA