いわき訪問ツアーを実施しました!

0

8月5-7日の日程で、いわきの現状を知ってもらうためのツアー「みんなでいわき!」を実施しました。

関東や関西からの参加者21名と東京事務所のスタッフ3名がいわきを訪れ、被災者の声を聴くとともに、復活したスパリゾートハワイアンズやいわきら・ら・ミュウ(お土産やさん)などを訪れ、復興の勢いを感じてもらうツアーとなりました。

一日目はスパリゾートハワイアンズに宿泊し、震災当時の様子を職員の方から直接伺ったあと、津波被害の大きかった豊間地区を訪れ、被災した方々のお話を聴きました。夜は、懇親会の後みんなでフラダンスショーを観ました。参加者のみなさんは「フラダンスの聖地」と呼ばれるハワイアンズのダンスに魅了されていました。

 

DSC07589.JPG

             豊間の海を見つめる参加者

 

2日目はいわきの代表的な夏祭りである「平七夕まつり」の設営のお手伝いをしながら、まつりを楽しみました。また、大熊町の仮設住宅を訪問して被災者の話を聴き、市内の野菜農家の木田さんの農場を訪れ、いわきの農業の現状や木田さんが中心となって進めている「オリーブプロジェクト」の話などを伺いました。

 

DSC07633.JPG

             七夕まつりの設営のお手伝い

 

DSC07654.JPG

             大熊町の仮設住宅

 

DSC07670.JPG

             木田さんの熱い語りに聞き入る参加者

 

3日目は被災者のための交流スペース「ぶらっと」を訪問、双葉郡から来ている常連さんやボランティアの方々の話を聴きました。その後、いわき観光では外すことのできない「いわきら・ら・ミュウ」を訪れ、昼食とショッピングを楽しみ、最後にみんなで3日間の振り返りを行いました。

 

DSC07701.JPG

             交流スペースにて

 

振り返りでは、様々な立場の人たちの話を聴くことができて、色々と考えさせられた、といった感想のほか、せっかく福島へ来たのだから、原発の問題など、もっと議論する時間がほしかった、といった声もありました。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

Comments are closed.