ミシンの技術で家族を支える

0

20100522.jpg16歳の時に日雇い労働をしている夫と結婚したドゥリアさんですが、息子が生まれた後、突然夫は何も言わずに姿を消してしまいました。夫の家族は誰も彼女の面倒を見なかったので、ドゥリアさんは父の住む実家に戻ることにしました。父は日雇いの仕事をしていますが、体に障害を持っており、月に8~9日しか働けません。それでは一家が食べていくことはできず、ドゥリアさんと息子が実家で世話になるのも大変です。

ドゥリアさんはJJSの行っているミシン研修を知り、ぜひ自分に受けさせてほしいと言いに行きました。研修を受けることができたドゥリアさんは、その後家で仕立て屋の仕事を始め、地域の家族から注文をもらい月に900タカほど稼ぐようになりました。ドゥリアさんは他のNGOが行う3か月のミシン研修講師としての仕事も得て、今では彼女が家族を支えるようになっています。

Md.アニスッザマン/アシスタントプログラムオフィサー、シャプラニールダッカ事務所


サイクロン「シドル」被災地復興支援活動

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA