シャプラニールと持続可能な開発目標(SDGs)の取り組み

main_image
持続可能な開発目標(Sustainable Developement Goals、以下SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された国際目標です。 アジェンダには2001年に策定されたミレニアム開発目標(Millennium Develpment Goals、以下MDGs)の達成することができなかった目標が継承され、17の目標と169の具体策、232の指標で構成されており、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 2016年から2030年までに、貧困や飢餓、気候変動、平和的社会など、持続可能な開発のために国連加盟するすべての国は目標を達成すべく力を尽くします。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本でも政府・企業・NGOが積極的に取り組んでいます。また、新聞やテレビなど各種メディアでも取り上げられる機会が増え、ビジネスパーソを中心に「SDGs」という言葉の認知度は少しずつ高まっています。
私たち国際協力NGOシャプラニールは、国内の積極的な企業連携を通じてSDGsの達成を目指す取り組みを進めています。企業・NGOの連携について資料をお送りしますので、以下お問い合わせフォームから「資料希望」にチェックを入れてお申し込み下さい。

企業・団体との連携に関するお問い合わせ・資料請求


MDGsとSDGsの違い

SDGsの特徴とも言えるMDGsとの違いには、例えば目標達成に取り組む対象国が、問題を抱える当事者(途上国)だけではなく、それに取り組む国々(日本も含む先進国)が加わりました。また目標数・具体策も指標も増え支援から取りこぼされることのない(=誰一人取り残されない)よう対象者も広ったり、目標値の設定を各地域に見合う達成レベルも見直されています。

sdg_logo_ja_2

シャプラニールが取り組むSDGs

シャプラニールは人に寄り添い、自らの当事者となることで貧困の無い社会、「すべての人々が持つ豊かな可能性が開花する社会」を目指して活動しています。現在はバングラデシュ、ネパールで、3つの重点分野で活動を進めています。

3つの重点分野で、社会のさまざまな制度や仕組みから「取り残された人々」を支援しています。
子どもの権利
1. 子どもの権利を守る
貧困や社会的格差により奪われた、教育の機会などの権利を取り戻すための活動です。
バングラデシュの家事使用人として働く少女への支援
バングラデシュ先住民族の子どもたちの文化教育支援
バングラデシュの中洲(チョール)における児童教育支援
ネパールの児童労働の予防・削減

該当する優先SDGsの目標:
SGDsのゴール1SGDsのゴール4SGDsのゴール8SGDsのゴール10SGDsのゴール16SGDsのゴール17
子どもの権利を守る活動に関する実績:
・帰国報告会「ラジオで変える家事使用人として働く少女の未来」詳細
・ブログ「家事使用人から児童労働反対を訴え施設のリーダーへ」詳細
・ブログ「家事使用人を「卒業」しました」詳細
・ブログ「努力の花が開くことを祈って」詳細
thamb022. 災害に強い地域をつくる
特に被害を受けやすい貧しい人々が自然災害から自分で身を守るための活動です。
バングラデシュのサイクロンが多い地域での防災支援
ネパールの洪水が多い地域での防災支援
ネパールの土砂崩れが多い地域での防災支援
ネパール大地震復興・防災支援

該当する優先SDGsの目標:
SGDsのゴール1SGDsのゴール10SGDsのゴール11SGDsのゴール16SGDsのゴール17
災害に強い地域をつくる活動に関する実績:
・会報誌 "南の風"「洪水リスクを減らす、3年間の挑戦」詳細
・スタディツアー「ネパールの平野で防災を考える」詳細
・ブログ「はじめての試み、“防災フェア”」詳細
thamb023. フェアトレードを通じて共生できる社会をつくる
安定した収入を得るだけではなく、自身や尊厳をもって社会とつながるための活動です。
フェアトレードブランド「クラフトリンク」
商品開発 -フェアトレード石けんSheシリーズ、太陽とヒマラヤの恵み ハニープロセス珈琲

該当する優先SDGsの目標:
SGDsのゴール1SGDsのゴール5SGDsのゴール8SGDsのゴール10SGDsのゴール12SGDsのゴール16SGDsのゴール17
フェアトレードを通じて共生できる社会をつくる活動に関する実績:
・会報誌 "南の風"「シャプラニールのフェアトレード「クラフトリンク」の現場から」詳細
・商品開発秘話 "She with Shapla Neer" 詳細

シャプラニールとともに国際社会の課題を解決しませんか

私たちの活動は私たちだけの力ではなく、理念を共にし、問題を解決しているパートナー(=支援者)によって支えられています。SDGs達成のためには、より多くの個人の支援者、企業・団体とさまざまな形でのパートナーシップを持って活動を進める必要があります。

企業・団体との協働
これまでさまざまな企業や団体から、ご寄付での支援、物品寄付「ステナイ生活」での支援、現地の事業への直接支援などでご協力をいただいています。「社員参加の社会貢献」「顧客参加の社会貢献」「株主参加の社会貢献」などCSR活動についてお考えであれば、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
全国の生活協同組合 全国の地域にある生活協同組合、パルシステム東京、グリーンコープかごしま、コープ自然派おおさか等の組合員の方々から、ご寄付や「ステナイ生活」にご協力いただいています。特にこの「ステナイ生活」取り組みは、毎年組合員に回収用封筒を配布をいただき家庭に眠る不用品(切手やはがき、本やDVDなど)を寄付していただき「身近にできる国際協力で参加しやすい」と、2018年度にはステナイ生活事業(年間目標寄付額5,800万円)に大きな協力をいただいています。

▼ 関連記事
「私の”選ぶ”で未来が変わる」生活協同組合パルシステム東京の想い
img_01

株式会社ミナトマネジメント 社会貢献の一環としてご寄付をいただいています。きっかけは自社のブランディングを考えるようになり「自分たちがやれることは何だろうか」と考え始めたそうです。顧客と距離が近いところでビジネスをやってきた私たちだから、「距離感の近いところへ寄付をしたい」「根を張った活動に役立ててほしい」と社員の皆さんが検討し、シャプラニールを選んでいただきました。

▼ 関連記事
世の中に役に立つ投資を
img_01

国土防災株式会社
ネパールで洪水が多い地域での地域防災活動では技術専門家と事業地を訪れ適切なアドバイスをいただきながら活動を進めています。その地域が直面する自然災害(洪水、土砂災害)の被害を最小限に抑える減災や防災対策を地形や暮らしなどを考慮しながら活動を取り組みます。具体的には地域住民とともに問題を見極め、多くの住民の命を守るインフラ整備を行っています。

▼ 関連記事
標高2000mでの土砂崩れのリスクを減らす
8月9月はたくさんの人と会いました
12月の河川インフラ工事着工に向け
洪水の被害を減らすために
img_03

株式会社ニールズヤードレメディーズ
2017年度からクリスマス限定製品のポーチを飾るエシカルチャームにクラフトリンクの商品を採用いただいています。取り扱う製品を通じて「behind the story=製品の向こう側や生産地・生産者」の紹介をしたいという思いからコラボ商品の開発が始まりました。

▼ 関連記事
オリジナルチャームを作りました
今年もコラボ商品ができました!
img_05

三菱商事株式会社(2017年1月~翌年12月)
農村部の少女たちを対象とした「コンピューター・グラフィックス・デザイン研修」を行いました。研修を通じて地方在住の少女たちの能力開発を行い、地方における雇用もしくは就業機会の創出につなげることが事業の目的です。

▼ 研修の様子
瓢箪から駒が出るか?
コンピューターグラフィック研修のその後
img_02

個人の方からのご支援・ご協力
イベント、ボランティア、スタディツアーなどの多彩な市⺠参加プログラムがあります。年間100名もの方が事務所に来てボランティアに協力いただいています。詳細

講師派遣を行っています
シャプラニールでは、学校の国際理解に関する授業やキャリア教育、市民向け講座、企業における勉強会などで、南アジアの生活や現地の支援活動についての講演を行っています。詳細

お問い合わせ



関連情報

・外務省公式サイト ー「SDGsとは?」※取組事例に掲載いただきました

関連記事