〈よそ者〉と〈ばか者〉が村を変えた!? ~ネパールのコーヒ作りから学ぶ村おこし~(開催終了)

0

※こちらのイベントは募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

コーヒーイベント

コーヒー生産組合代表のラズ氏(左)と、日本人農業技術指導者の池島氏(右)

シャプラニールは、フェアトレードブランド「クラフトリンク」より今年6月に発売した『太陽とヒマラヤの恵み ハニープロセス珈琲』の発売記念イベントを開催します。

当日はネパールからコーヒー生産組合の代表(ボダ・ラズ・アリヤル氏)と日本人農業技術指導者(池島英総氏)をお招きして、コーヒー生産を通じたコミュニティ開発の事例報告会や、「ハニープロセス珈琲の美味しい淹れ方講座」も実施します。

トークイベントは、途上国での支援活動や日本国内の地方活性化への示唆に富んだ内容となっています。ぜひ「農業での村おこし」に興味がある方はご参加ください!

イベント開催概要
【日時】2017年9月18日(祝・月)
 15:00~17:00 トークイベント
 17:00~18:00 ハニープロセス珈琲の美味しい淹れ方講座
【場所】天光院[地図]
(東京都港区芝公園1-3-16)
・都営地下鉄三田線 御成門駅A2出口から徒歩1分、バリアフリー(エレベーター)出口はA6から徒歩3分
・JR線・東京モノレール 浜松町駅から徒歩13分
・都営地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅A3出口から徒歩12分
【定員】 30名
【参加費】 1,000円(コーヒー付き) ※ハニープロセス珈琲の美味しい淹れ方講座は別途300円
【主催】
(特活)アーユス仏教国際協力ネットワーク
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会

【問合せ先】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:宮原
TEL:03-3202-7863
E-mail:event@shaplaneer.org

 

◆よそ者とばか者のコラボレーション◆
image02約10年前、ネパール、シャンジャ郡は植栽されていた多くのコーヒーの木が切り倒されようとしていました。コーヒーの木は病気になりやすく、収穫しても豆はなかなか売れないといった理由で、「コーヒードリーム」を諦め、多くの村人は村を出て都市部や海外に出稼ぎにいってしまう状況でした。
そんなシャンジャの村で、農業で村おこしをしたいと考える村人ラズさんのもとに、世界のコーヒーを飲んで回っていた一人の日本人がたどり着きました。「村に残って農業をするなんて、ばか者だ」と言われたラズさんと日本から来たよそ者池島さんが出会った瞬間です。
二人で村を奔走し、今では180軒の農家がコーヒー生産に加わるようになりました。村のばか者と日本からのよそ者によるコーヒー生産をきっかけに村が変わっていく、そんな彼らの経験は、途上国でのコミュニティ開発や日本国内の村おこしを考える上で様々な示唆を与えてくれるでしょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA