鼻じゃなかったんだ

1
ネパールの観光ガイドブックに必ず載っている奇妙な目。印象的なデザインですよね。写真はスワヤンブナートという、有名な観光地にもなっているところにある仏塔に描かれているものです。この目はかの仏陀(ブッダ)の目で、眉毛の間にある第3の目とあわせ、森羅万象を見通す力があるのだそうです。そのため、四面に描かれています。
で、鼻の位置にあるのは当然「鼻」だと思っていたのですが、ガイドブックをよく読むと違うことが発覚!なんと、ネパール数字の「1」とのことで、調和を表しているのだとか。う~ん、まぎらわしい…。でも、ひとつ疑問が解消できてよかった。だって、鼻にしてはちょっと違和感がありますものね(私だけ?)。
nose.jpg
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

1件のコメント

  1. ハッピージュンコ on

    白幡さん 新年明けましておめでとうございます
    旧年中はいろいろなお便りを読ませていただきありがとうございます
    日常のいろんな物事が書かれていてアジアの異文化を知る上でとても
    興味の沸くページです。また、白幡さんの気質や性格もやんわりと理
    解できる気がしています。今年もシャプラの活動と共に日常の雑多な
    事もたくさん知らせてくださいね。楽しみにしています
       追伸  ネパールの情報は皆勤賞なのにバングラの情報は少な
           いですね。少なくとも、一週間に一度は何か近状をお
           聞きしたいものです。シャプラの応援団の一人として
           何だか淋しい気がしています
          

コメント

CAPTCHA