「わたし8歳、 職業、家事使用人。」ダウンロード教材

シャプラニールの「バングラデシュで家事使用人として働く少女への支援」を紹介する書籍が発売されました。この書籍で紹介している教材を以下よりダウンロードすることができます。学校の授業やイベントで活用いただくことはもちろん、ぜひ家族やお友達と一緒に児童労働について考えてみてください。
※書籍は別途書店等でお買い求めください。

わたし8歳、 職業、家事使用人。

わたし8歳、 職業、家事使用人。

出版社:合同出版
発売日:2018年10月30日
定価:1,512円(税込み)
体裁:A5 判 144 ページ
著者:日下部尚徳(著)/特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会 藤﨑文子・京井杏奈・藤岡恵美子(執筆協力)
 
 
 
 バングラデシュには、「家事使用人」と呼ばれる子どもが42万人います。よその家に住み込み、雇い主やその子どもたちのお世話をします。他人の家の家事をする多くの子が10代の少女たちです。中にはまだ10歳に満たない女の子もいます。
 「家の中」で働く女の子たちは、どのような暮らしをしているのでしょうか。なぜ学校にも行かず「家事使用人」になるのでしょうか。
 世界にいる1億5200万人の児童労働者のうち、家事使用人として働かなければならない女の子のきびしい現実、直面する問題や課題、私たちに今なにができるのかを紹介します。
 

全国の書店、またはネット通販にてお求めいただけます

ご購入はこちら(オンラインショップへリンクします)


ダウンロード教材

ボタンをクリックするとPDFまたはJPGファイルが別ウィンドウで開きます。
 

1.写真から想像しよう

家事使用人の少女たちの情報が載ったパネルから、女の子の年齢や将来の夢などを知り、自分との比較などをしながら理解を深めます。

(1)手順書

Link button1

(2)教材(写真2点、写真補足資料1点、パネル38点、ケーススタディ1点)

写真a-1
写真a-2
※写真を開いたらカーソルを右クリックして「名前を付けて保存」を選択してパソコンに保存してください

写真aの補足資料
パネルb
ケーススタディc
 

2.サビハちゃんとわたし

自分の生活をグラフにしてみて、家事使用人の女の子「サビハちゃん」の生活と何が違うか考えます。

(1)手順書

Link button1

(2)教材(グラフ2点:わたし・ぼくの一日/サビハちゃんの一日)

わたし・ぼくの一日
サビハちゃんの一日
 

3.演じてみよう

家事使用人として働く少女の周辺にいる、それぞれの立場の人になりきり議論をすることで、女の子を取り巻く人々の思いを知り、理解を深めることができます。

(1)手順書

Link button1

(2)教材(ロールプレイ用シナリオ1点)

Link button10
 
 

ご意見・ご感想をお聞かせください
教材をご利用いただきありがとうございます。書籍および教材を使ってみたご感想、ご意見、ご要望を開発教材担当(event@shaplaneer.org)までお寄せ下さい。今後の参考にさせていただきます。

関連リンク

動画「児童労働がない社会を目指して」

関連記事

バングラデシュで家事使用人として働く少女への支援
児童労働削減への取り組み
現地ルポ(随時更新中)