歩けるようになりました

0

249_PAPRI.jpg シャヘル君は生まれた時から脳性小児麻痺を患っているため、5歳になっても立つことも、話すこともできませんでした。しかし、両親はどうして良いか分からず、ただ見守ることしかできません。そのような時に状況を聞いたPAPRIスタッフが家を訪問し、マッサージなどを施すプライマリー・リハビリテーション・セラピーを開始しました。

 そして1年後、今では歩けるようになり、簡単な言葉も話すことができるようになりました。両親は少しでも普通の生活が送れるよう、毎日彼のリハビリを続けています。

(ニバラン・マラカール/フィールドオフィサー、PAPRI)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA