自分の人生を切り開きたい

0

14-1.jpg

 私はコルポナ、17歳です。10年前、家族で仕事を求めてダッカに出てきました。コライルスラムに家を借り、父は野菜を売る小さな店を始めました。

はじめは父の仕事も順調だったのですが、この幸せは長く続きませんでした。3年前、父の店は路上にあるため違法だとして壊されてしまい、私たち家族は再び貧しい生活に戻ってしまい、母と私が家事使用人として働かざるを得なくなりました。

 2年前、近くに住む人からフルキのセンターのことを聞きました。読み書き、保健衛生、家事仕事をきちんとする方法なども習いました。その中でもいちばん楽しいのはミシン研修です。今では様々な服を作ることができます。

将来は、自分の店を持ちたいと思っています。その店を持つことで、自立して自分の人生を切り開いていく、それが私の夢です。(サベラ・ヤスミン/プロジェクトマネージャー、フルキ

(写真:ミシン研修を受けるコルポナさん)


家事使用人として働く少女への支援

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA