税の優遇制度拡充のお知らせ

0

税制改正によりに認定NPO法人への寄付金(個人のみ)について、税の優遇制度が拡充されました。

当会は国税庁から「認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)」として認定されています。当会へのご寄付は寄付金控除等の税の優遇制度の対象となります。

2011年(平成23年)分以降の寄附金に関して、従来の所得控除方式に加え、税額控除方式が新設されました。どちらか有利な方を選択適用することができるようになります。

1.新設された寄付金特別控除(税額控除)

[その年に支出した特定寄付金の合計額*-2,000円] × 40%=寄付金特別控除**
(税額が直接減額されます)

*特定寄付金の額の合計額は総所得金額の40%相当額が限度
**特別控除額はその年分の所得税額の25%相当額が限度

2.従来の寄付金控除(所得控除)

[その年に支出した特定寄付金の合計額*-2,000円]=寄付金控除額
(課税される所得を減額します)

*特定寄付金の額の合計額は所得金額の40%相当額が限度

雇用形態、家族構成、住居などの条件によりどちらが有利になるか変わってきます。
詳しくは国税庁ウェブサイトをご覧ください。

<必要な手続き>
所轄税務署で確定申告を行ってください。その際、当会が発行した領収証を添付してください。領収証は毎年1月に、前年分の寄付金について一括送付しております。
通常の確定申告時期は、毎年2月16日~3月15日です。

<注意事項>
・特定寄付金には、他の認定NPO法人などに対する寄付金も含まれます。
・特定寄付金の算出期間は、その年の1月~12月までになります。通常の年度とは異なりますのでご注意ください。
・ご夫婦、ご家族など連名でご寄付をくださる場合は、領収書の宛名となる代表者のお名前をご指定ください。
・紛失などによる領収書の再発行はいたしかねます。申告時まで大切に保管してください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA