全国キャラバン2017開催「児童労働削減 – 羽ばたけ!家事使用人として働く少女たち」(開催終了)

0

全国キャラバン開催!
6月12日は国際労働機関(ILO)が定めた「児童労働反対世界デー」です。

シャプラニールでは、6月を児童労働反対月間とし、全国12カ所をまわる全国キャラバンを今年も開催します。
2017年の全国キャラバンは、ダッカ事務所で家事使用人として働く少女への児童労削減活動に従事するマフザ・パルビン職員を招き、全国各地を訪れ講演します。
お近くで開催される際は、ぜひお越しください。

講演テーマ:児童労働削減-羽ばたけ!家事使用人の少女たち-
家事使用人として働く少女たちの多くは、親元を離れ、見知らぬ雇用主の家で住み込みで働いています。
バングラデシュには、このような少女が約33万人もいるとされています。
シャプラニールでは、他人の家で家事労働をする少女たちの子どもとしての権利を守るため、2006年から少女たちが学んだり、遊んだり、子どもらしく過ごすためのセンターを運営するなどの支援活動を続けています。
講演では、家事使用人の少女たちがどのような生活をしているのか、なぜ支援を必要としているのか、雇用主や社会の状況、変化など現地スタッフならではの現場の声をお伝えしたいと思っています。

講演者 マフザ・パルビン講演者:マフザ・パルビン
シャプラニールダッカ事務所プログラム・オフィサー。2009年7月にシャプラニールダッカ事務所に入職。
プログラム・オフィサーとして、家事使用人の少女支援事業および、シャプラニールのフェアトレードブランド「クラフトリンク」の現地担当をしている。

スケジュール:2017年6月3日(土)~2017年6月21日(水)

全国12カ所で開催!キャラバンスケジュール詳細はこちら

 

お問い合わせ先

(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会
TEL:03-3202-7863 E-mail:event@shaplaneer.org

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA