自然治癒力

4

だらしない話だが2日前に突然熱を出した。悪寒がしたかと思う間に熱が上がるのが判り、帰宅したときには40度を超えていたが、薬を飲むのは好きでないので、手持ちの漢方薬を飲みとにかく寝た。翌朝は若干平熱より高かったもものの、いつも通り出勤することができたし、ビールを飲みたいと思うくらいだから今は完全に復調したといえる。

久しぶりの熱のおかげでしっかり休めたのも悪くなかったが、特に実感したのは、人間の体が持つ治癒力、浄化能力である。疲れや無理が溜まればどこかでリセットしなくてはいけない。熱というのはそのリセット機能の一つを担っているのだろうと思う。だからこそ、高熱を出したにも関わらず、ではなくて高熱が出たからこそ、今私は元気になっているのだ。

ネパールの現状を見ていると、人間一人ひとりが持っている自然治癒力を、社会が発揮しなくてはいけない時期だと(希望を含めて)思わざるを得ない。

3日前、突然産業界が無期限ストライキを宣言した。マオイストによる寄付などの強制行為に対する抗議としてだ。2日めの昨日は公共交通機関も半ば麻痺していた。私立学校、銀行なども休みになっただけでなく、インターネット業者も一時的に接続を切断した。3日めの今日は市民への影響を抑えるとして、商店のみのストとなった。それでも、外出したらデモ行進の影響による交通渋滞に遭遇し、約束の時間を大幅に遅れるなどの影響は避けられない。

ネパールを外から眺めている人には何が起きているか理解するのは難しいだろう。すでに飽きるほどのストライキが、数え切れないほどのグループによって実施された。それらもどのような意思に基いて行われたのか知るのも難しいほどで、考えるだけで嫌気がするほどである。様々な思惑が交錯し、かつこの機会を利用しようとする勢力もあるのかもしれないし、事実そのようにして皆誰かに責任を押し付けあっている。そのあたりの真実は私にも判らない。

ただ、もしネパールをひとりの「人」に例えるとすれば、体の中のストレスなり無理をリセットするために自然治癒力を発揮しようとしているだと考えられるかも・・・。というか、そう考えたいと思う今日この頃である。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. ふじおか on

    藤崎さん、40度以上の熱ってのは尋常じゃないんでびっくり。ほんとに治ってる?無理しないでね。こっちは下痢です…。今日ジナイダ出張から帰ってくる車中約5時間半は地獄でした。なんとか持ちこたえて、自宅(のトイレ)にたどり着いたときはどれだけうれしかったか(すみません、下世話なコメントで)。
    ネパールのスト連発の日々、確かに治癒の過程なのかもしれないですね。白血球がバイ菌と戦ってるのかも。一方バングラデシュは今、慢性化した病気の治療のためにあえて強い薬を飲んでいるところ、という感じですかね。副作用が心配ですけど。

  2. ふじおかさん、こんにちは。
    正確に言うと熱は41度まで上がり翌朝起きたときにはまだ38度くらいあったのですが、不思議なことにその朝のうちにどんどん熱が下がり平熱に戻ったのですよ。もともと熱には強い性質でもあるのですが、午後にはすっきりとした頭で仕事をしていました。不思議でしょう?
    熱より辛いのは下痢だと思います。胃腸も強いのか、幸いこちらに来てから我慢できない下痢というのは起きていないのですが、トイレの少ないバングラでそんなことが起きたら…、考えるだけでも嫌になりますね。
    ネパールにいても、バングラデシュのことが気になります。副作用の起きないことを願っています。

  3. やまちゃん on

    藤崎さんの旺盛な自然治癒力に乾杯! 熱は体の自衛反応の一種だから西洋薬で無理に解熱するのは良くない、ただし高熱が長期間続くと脳がこわれて治癒力が弱化する、体の機能は全て脳がコントロールしているから。くれぐれもご用心を! 06年4月革命の原動力となった人民戦争という高熱が10年も続いてネパール国の脳(政府・議会)は壊れてしまった。そのため、もともと体内に巣食っていたビールスや細菌が暴れだして激痛を伴う病気が次々と発生している状態。でもネパールの治癒力は期待できそう。その力を発揮できるよう栄養(援助)を補給するのが大国の務め。われわれに求められるのは「慣用と忍耐」、ただし2~3の大国の内政干渉には適用除外にしたい。 短気は損気と言います、呑気なくらいだ彼我の健康に良いのでは?

  4. やまちゃん、ありがとうございます。決して無理はせず、しなやかにしたたかに、というつもりでいます。
    ネパールという国も相当したたかではあると思うのですが、やはり最近の様子は気になります。特に東部平野のマオイストとマデシの衝突や、そのあとのマオイストの対応。(衝突で死亡した人の遺体をカトマンズまで運んできたり)騒ぎを煽ろうとしているのではないか、という印象を受けます。
    一方ではカトマンズ市内はガソリンを求める車やバイクの長蛇の列。人々の寛容と忍耐もどこまで持つのやら…。爆発したら、去年の4月以上のことが起きるかも。

コメント

CAPTCHA