小さなサウニ(女店主)

2

次年度計画についてスタッフと話し合って、気がつくと7時を過ぎていた。続きは来週にすることにして、家路を急いだ。というのも、8時を過ぎるとネパールの首都カトマンズと言えども人はおろか車通りも少なくなり、帰宅が難しくなるからだ。

上手い具合にテンプー(乗り合い小型バス)がつかまったので、家の近くのロータリーまで乗った。そこから商店街を歩いて帰り、右に折れるところに差し掛かった。ここは日中野菜売りの女性たちが多く出ているところなのだが、その手前に小さな女の子が膝を折ってチョコンと座っているのが見えた。前には今が旬の菜っ葉が4つほど並んでいる。

「サウニ(女店主)、何売っているの?」と呼びかけた。

彼女は応えない。見たところ6、7歳くらいの女の子。髪を2つに結わえ三つ編みにしている。

「これ、いくら?」

「2把で5ルピー(約8円)」

「ねえ、寒くないの?」

「・・・」

「売れたら帰るの?」

私たちの会話を耳にした通りすがりの男性が暖かく笑っている。家には菜っ葉茹でたのがあるんだけどなあ、と思いつつ、小さな女の子が暗い夜道に座っているのがいたたまれなく

「じゃあ2つ買うから、おいしいの見立ててよ」と頼んだ。

小さなサウニは威厳をもって(時間をかけて)手元にある4把をためすがめつして、2把を私のために選んでくれた。にこりともせず。そして私は5ルピーを払って家に戻った。いつまで小さなサウニはあそこに座っているのかな、と思いつつ。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. j、フォキール on

    あー、この数分間のふたりの光景、あたたかく微笑む男性、周囲の環境、目に浮かびます。今、ネパールは政治面では大変だけど、元々この様な日常の光景とこころがあるんですよね!こんな路地を歩くとほっとします。この道を時々通るんですか?チョットサウニのことをもう少し教えて下さい!そして、その5ルピーが如何ほどのもなのか。 停電の原因は工業先進国(?)の我々にあると思うのですが、「ネパールの声」を聞かせて下さい!

  2. j、フォキールさんこんにちは。
    最近停電などが多くて、レスが遅くなってしまいすみません。
    > この道を時々通るんですか?
    はい、いつも通る道です。朝夕は、比較的年配の女性2,3人が野菜を売っているのですが(今日の帰り道もそうでした)、この日は珍しく小さな女の子1人だったので、つい寄ってしまいました。彼女のことは良く知らないので、いずれ「お宅訪問」してみたいと思います。とは言え、私が話しかけたらいたく緊張していたみたいなので、いつ実現することやら…。
    5ルピーはこちらではお茶が一杯飲める値段です。きっと子どもたちが駄菓子を買うのにも十分でしょう。ただ、売ったお金がこの子のお小遣いになるとは思えませんが。
    長くなってしまったので、停電のことについてはまた別の機会に。ちなみに今も停電中です。

コメント

CAPTCHA