ネパール・マクワンプール郡で行ってきた児童労働削減事業の三年間の活動が今月5月で完了します。この三年間、多くの方々のご支援とご協力を頂いてきたことに感謝申し上げます。

私たちは、行政、地域コミュニティと協力し、児童労働の予防と削減のための活動を行ってきました。具体的には、地方行政の児童保護機能を強化することを目的として、児童保護政策、行動計画の制定をサポート。また地方行政トップをはじめとする行政関係者、警察等との児童労働が発生しやすい現場での四半期毎の共同モニタリング。児童労働に陥るリスクが高い家庭への個別支援。そして、児童労働に対する意識啓発​のため、各種イベントの実施に加え、子どもクラブのメンバー自身が企画運営するラジオ放送を実施してきました。これらの活動を通し、貧困リスクの高い対象の家庭の児童は労働をせずに、ほとんどの子どもが学校に通えています。

地方行政との児童保護機能を強化ための定例会義
児童労働に陥る可能性のある対象家庭への訪問とヒアリング
職業スキルのトレーニングの支援(この写真は裁縫スキル)
家計向上のための農産物栽培の支援

この三年間の活動を通して、子どもが働かない社会をつくるためには、子どもたちへの支援だけではなく、社会全体を変える働きかけが必要であると痛感しています。当該地区にて児童労働の削減をできたことから、来月からはネパールの中でも児童労働の発生が多いマクワンプール郡の別の地区にて、これらの学びを基に活動を行っていきます。子どもの権利である、「健やかに成長し生きる権利」、「守られる権利」、「教育を受け育つ権利」を社会に訴え、具体的な活動を通して促進していきたいと思います。

児童労働撲滅に向けた意見交換とワークショップ

ネパール事務所長 竹下裕司