ベンガル語ドラマがおもしろい!

6

ネパール語の放送局にはネパールテレビ(NTV)、メトロ(NTV2)、カンティプールテレビの他、ケーブルを通じて配信されるイメージチャンネル、ネパールワンなどがある。ケーブルをつなげている我が家では、NHK,、BBC、CNNの他、インドの放送局多数を視聴することが出来る。こちらに来た当初はもっぱら英語のニュースとヒンディの音楽番組ばかりを見ていたが、ここしばらくベンガル語放送を見ることが多くなった。

ETV(バングラ)はコルカタを中心に放送されている局で、夜の時間帯はドラマが充実している。意地悪なおばさまたちにいじめられる薄幸の女性、そこに理解ある男性が現れこれですべて丸く収まるかと思うと、事態は急展開…。畳み掛けるように起きる出来事を、はらはらドキドキしながら、時には一緒に涙ぐみながら見ることもしばしば。メーグ(雲・女性の名)、ブリシュティ(雨・同じく女性の名)、アカシュ(空・男性の名)など、天候や自然にちなんだ名前が多く出てくるのも面白い。タイトルに「ココノメーグ・ココノブリシュティ」(ある時は曇り、ある時は雨)とついているものまである。

2年以上前のこと。シャプラニールの東京事務所がある早稲田奉仕園で、就学前のアジアからの留学生が日本語を学んでいた。その中にはバングラデシュの人たちも10数名もいて、私がベンガル語で話しかけたことから仲良くなり、昼休みなどおしゃべりをすることが多かった。台風が通過した翌日、歩くのも大変なくらい強い風が吹いていたある日のことだ。ベンガル人のある男性が「いやー、日本に来てこんなに良い日和は始めてだ。電車に乗らず一駅歩いて楽しんだよー」と言った。彼曰く「美しい風」が吹いているのだという。

会議など人が集まる場では、クーラーがガンガンに効いているような場所であってもファン(扇風機、特に天井についている特大のもの)は欠かせない。人一倍寒がりの私は上に羽織るものを用意していなければ、寒くて中座するするという羽目になるのもしばしば。(これはネパールでも経験済み)空気が動かないことに対して一種の嫌悪があるのではないかと思っている。そんな彼らだ、風には独特の美学があるのだろう。そんな先入観も手伝って、ドラマのテーマもさることながら登場人物や題名につい注目してしまう。

そのせいか、今日は会議中についベンガル語を口走ってしまった。「さあ終わりましょう」と言ったつもりが、みんなキョトンとしている。何回か繰り返した挙句、相手に「何語?」と指摘されて始めてベンガル語を話していたことに気がついた。ながら学習というのがあるが、ネパール語でもその効果が現れることを期待して、そろそろチャンネルを変えるとしましょうか。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

6件のコメント

  1. やました on

    「鬼畜米英撃滅」の「愛国心」を強制され、英語の授業が無くなった中学時代を過ごし、いまだに英語すら危なっかしい私には多国語を自由に駆使できる藤崎さんは超うらやましい。
     ネパールにそんなに多くのTV局があるとは知らなかった。カトマンズと農村との「情報格差」が大きいわけだ。でも、村に電気が通じTVを持つ家庭も増えている。となると学校の教師と生徒の間の決定的な「情報格差」は縮小する。これが教員に対する無条件の尊敬心を弱める。日本のような学級崩壊が起きなければよいが、と余計な?心配をする老人です。
    ネパールの生徒たちの瞳の輝きの原因は教員への篤い尊敬心なので。

  2. 目の前で、ベンガル人と日本人、日本人どうし、ベンガル語の会話が飛び交うのを見続けて13年、いい加減に、ベンガル語(と英語)を話せるようになりたいな~って、この頃思うようになりました。
    いつまでたっても、自分の名前が書けるだけ、「パゴール・モン」が歌えるだけじゃ…。
    テレビの会話が理解できるようになるって、楽しそうですよね!
    小学校の読み聞かせで、バングラやネパールの子どものことを紹介できないかしら?と、思っています。シャプラの子ども用ページを利用してみようかしら。。。

  3. まだ言葉が不自由だからきっと混乱するんだと思います。だって今日も同じ間違いをしてしまいましたから。とほほ…。
    はるかさん、歌をうたえるなんてうらやましいです!私はかつてオポロジェヨ・バングラデシュに来ている子どもに教わった詩しか覚えられませんでした。これも今となってはこれもかなりアヤシイものです。読み聞かせにバングラデシュやネパールの子どもの事を使うって素晴らしいアイデアですね。かつてこのブログでネパールの小学校の教科書の事を書いています。そんな題材はいかが?

  4. 歌は、せっかく長く(3週間)バングラにいるのだから、何かひとつ持ち帰りたいと思って、ダーモンディの先生のところまで習いに行ったのです。それも気楽な旅行者だったからできたんだと思います。
    おかげで去年の万博でノボプラン・アンドロンのリリーさんと、「パゴール・モン」を歌うことができました。(^o^)
    バングラもネパールも、写真や衣類・手工芸品はいろいろ持っていますが、はたして読み聞かせの15分という短い時間の中で、ちゃんと冷静に伝えることができるのかが、少し不安です。
    私のブログでも書いているのですが、悲惨さや同情心ではなく「世界にはいろんな人がいるよ!」それだけが伝わればいいのですけどね。

  5. あ…4月19日の「ダワットその後」で、バングラについて熱く語っています。(お恥ずかしい…)

  6. はるかさん、先ほどはるかさんのブログを見てコメントも投稿してみました。(うまくいったかどうかいささか不安ですが)ダワットの項ももちろん読み、このブログで書いたバングラデシュ人の寮に招かれて、イリッシュ(やはり取り寄せ)で歓迎してもらったことを思い出しました。
    ダッカ事務所の同僚たちは「バングラデシュ人は金を借りてでも客人を歓迎するんだ。だからいつまでもお金が貯まらないんだよねー」と半分冗談交じりで言っていましたが、このホスピタリティは宝ですよね。私にとってバングラデシュとは暖かい人たちを想い出すことでもあります。
    あらあら、ネパールのブログだかバングラデシュのブログだか判らなくなってきそうなので、この辺で。

コメント

CAPTCHA