和平合意

4

以下事実関係や表現などに誤りがあれば、ご指摘頂きたい。

集まった人々.jpg 表層的な理解しか出来ていないためこれまで政治的な話は避けてきたが、どうしても避けられないくらい歴史的なことが昨夜実現した。主要政党とマオイストとの間で和平協定が調印されたのである。1996年マオイストによる人民戦争が始まって以来、治安部隊とマオイストの衝突の中で実に1万人以上の命が失われてきた。政府の力が及ばない(この表現は正しくないかもしれない)農村部で影響力を伸ばし、その大部分がマオイストのコントロール下にあったと言っても過言ではない。武器を持って半ば強制的に人々を動員してきたそのマオイストが、今回の和平協定で政党として正当性を得たわけである。

<写真は今朝の市民抗議の様子>

直接間接の圧力はあっただろうが、ネパールが他国の仲介を得ず自力で和平合意にこぎつけたことは評価すべきだが、今の状況を見ていると手放しで喜ぶ気にはなれない。例えばマオイストによる「税金」や寄付金の徴収、警察行為を含めた法執行。金曜日にカトマンズで行われる大集会のためにカトマンズ盆地外から動員された人々へ宿や食事を提供すること。拒否すれば記録されるため、後々のトラブル(報復)を恐れて人々は断ることができない。武器がなくても人を動かす方法を知っている彼らが表舞台にでてきたらどういうことになるのか、考えるだけで不安になる。

集まった人々2.jpg和平合意が調印された今朝、パタンではマオイストに抗議する市民のデモが行われていた。宿泊などの便宜供与強制に反対する人々がマオイストの事務所の前にかなりの数集まっていた。非暴力的な集まりだった様子だが、交通は完全に封鎖されかなりの時間影響がでていたようだ。とにかく、今回のことはマオイストに対して人々が全面的な支持をしているわけではないという事でもある。

  <写真:マオイストの事務所の前に集まった人々>

帰宅する頃には渋滞もほぼ解消されていたが、10分ほど歩くと今度はマオイスト支援者のデモ行進にぶち当たった。デモ行進の後ろに車の長蛇の列ができていたのを見て、ほとほとうんざりした。日本でないのをいいことに日本語で大声で叫んでしまった。「もうっ、いい加減にしてよ!」なんだかんだ言っても、私はある時期がくればこの国を離れることになる。気になるのは私たちが支援している子どもたを含めたネパールの人々のことだ。子どもたちの未来はこの国の将来にかかっている。今回の和平合意が皆が希望のもてる新しいネパールへの第一歩となるよう心から祈るしかない。


スタッフなどからの情報によると、明日10日(金)に予定されていたマオイストの大規模集会は中止となった様子。通常業務ができることにほっとしつつ、集会に参加するためにカトマンズにやってきた人たちはどうするんだろう、と思ってしまった。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. 私だったら、仕事を放り投げたり家庭を崩壊させることができる。
    私が5歳の頃はせいぜい買ってもらったおもちゃや友達のおもちゃを壊すことくらい。
    良心がとがめて絶対にしたことはないけどネ。
    大人になって壊せるものが大きくなって感覚が少しマヒしているのか、その先にある何か大事なものを目指しているのか分からないけど、誰かが悲しんでいる事実をどれだけのウエイトで考えてくれるんだろう、と思うときがあります。
    このブログの内容だけじゃなくってね、普段からf^_^;

  2. 山下 甫 on

    和平合意のことは日本の新聞にも小さく出ていました。国連による武器管理の話し合いが決着。ただし、最も基本的に重要な「王政か共和制か」という議論は先送りなので、何時の日か行われる予定の政憲議会で、マオイストが議席を獲得、議会内闘争が出来るようになるまでは、日本で言う「院外活動」に当たる集会やデモ、バンダなどを繰り返して勢力を拡大する行動は続くでしょう。日本の新聞はマオイスト(ネパール共産党毛沢東主義派)と書いていて、あたかもマオ一派がネパール共産党の一部のように報じているが、実は全くの別組織。ネパール共産党は確かに日本共産党ほど「純潔主義的」ではなく、マルクス・レーニン主義派を中心に俗称王党派などを統合した「統一共産党」で今のところ王政廃止を正式に掲げてはいない。といっても、共和制移行は賛成、共産党以外の党の中にも共和制を望む勢力がある。
     統一共産党は野党第一党なので、本当に民主的で公正な選挙があれば、そしてもしマオ派が共産党と共同歩調を取れば、ネパールは「人民共和国」になりかねない。ところが、そう直線的に進まないのがネパール。11月1日に東京で講演したネパール警察テロ対策課長の話では、西南地域でマオイスト内部の対立・抗争が起きているという。また、ダーディン郡の「停戦監視委員」を務めたわが支援学校の校長さんによると、マオイストに「オールド・マオイスト」「ネオ・マオイスト」「偽マオイスト」の3種あるそうだ、オールドは思想的にも行動にも確りしたものがあるが、ネオは質が悪い、偽ともなると強盗と同じであるとか。私のささやかな経験からも、どんな組織でも規模が拡大知名度も上がってくると、「組織の自己目的化」志向が強まり、組織の拡大・強化、権威主義と排除の論理が強まり、当初の目的を外れて、本来その組織が守るべき人間を傷つけたり排除したりする。多民族・多宗教・カースト遺制・貧富の格差などから、状況は複雑化が避けられない。外国人としては冷静・客観的に観察するしかないと思う。
     ところで、私たち夫婦は11月22日にネパール入りして、一ヶ月滞在の予定。ぜひお会いしていろいろお話したいと願っていす。

  3. マチコちゃん、こんばんは。
    山下さん詳細な解説ありがとうございました。久しぶりに大学で授業を受けているような気になりました。
    そう、マオイストがやっているのはまさに院外活動そのものです。昨日もカトマンズのあちこちで集会をやっていたそうで、今日も中心で大きな「ビクトリー」集会をやっていました。NGOに対する登録や市民に対する寄付やその他の協力要請も、結局はどれだけの支持を取り付けているかを誇示したいということなのでしょう。(お金についてはは現実的なニーズもあるでしょうが)。
    ネパール滞在中の件については別途メールでご連絡さしあげることにしますね。

コメント

CAPTCHA