握手するべきか否か

3

ネパールの挨拶は、胸の前で両手を合わせて「ナマステ」もしくは「ノモシュカール」と言うのが一般的である。

ちょっと外国人慣れしている相手から握手を求められることがあるが、私は大抵にっこり笑って「ナマステ」と応えるだけにしている。バングラデシュで、女性は握手したくなければにっこり笑うだけでヨロシくて、決して失礼にならないと学んだからだ。イスラム教徒が多いかの国では、異性が肌を触れ合うことはめったにないということもあるのだろう。しかし同じ南アジアのネパールも基本的には同じ路線なのではないかと思うのだが、初対面で「にっこり」をお返ししてもなお執拗に握手を求めてくる人(例外なく男性)に、困ってしまう場面が少なからずある。

相手が親しい人だったり、思わず握手を求めたくなるような状況(すばらしいスピーチを聞いた後など)であれば自然に手を差し出していることもあるし、なにも全く握手を拒否しているわけではない。

身構えすぎと言われればその通りかもしれないが、おそらくネパール人女性に対してはやっていないだろうことを、外国人に求めているのがどうしても腑に落ちないわけだ。これってジェンダーロールにとらわれているってこと?それともただの嫌なヤツ?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

3件のコメント

  1. 高桑葉子 on

    たしかに握手って微妙ですよね。
    日本では選挙のときやたら握手を求められて「私はしたくないんだけど」というとき困ってしまいますよね。
    今度からはにっこり笑って合掌すればいいんだ。
    いずれにせよ、危険からは身を遠ざけてください。

  2. 高桑葉子 on

    たしかに握手って微妙ですよね。
    日本では選挙のときやたら握手を求められて「私はしたくないんだけど」というとき困ってしまいますよね。
    今度からはにっこり笑って合掌すればいいんだ。
    いずれにせよ、危険からは身を遠ざけてください。

  3. 高桑さん、こんにちは。投稿ありがとうございます。
    そうその「私はしたくないんだけど」という雰囲気を読めないという時点でもうダメだーと思ってしまいます。「まあ、私って人気者!?」と思えれば楽なんでしょうけれど、なんと言っても日本人ですからね。スキンシップには慣れていないので難しいです。やっぱりニッコリ笑って合掌、が一番無難そうですね。

コメント

CAPTCHA