子どもの目に映るネパール

0
昨日、家族がカトマンズに到着。1ヵ月と2週間あまりの単身赴任が終わり、家族4人での生活が始まりました。
子どもは2人で、10歳と5歳の男の子。物静かであまり体力のない(?)親のもとに男の子が2人ということで、毎日ドタバタと過ごしています。でも、頭の固い大人では見ることのできないネパールの一面を、子どもたちの視線からたくさん学ぶことができるだろうと、期待もしています。
空港から自宅までのわずかな移動時間の間にも、「牛が道を歩いてるよ!」「なんでみんな好き勝手に道を横断してるの?」などと、子どもらしい驚きや疑問を、大きな声で興奮気味にしゃべりまくっていました。それにしても、交通ルールをなぜ大人が守らないのかについては、説明に困りますね…。
roadcrossing.jpg
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA