ネパールの地政学的考察?

1
いまカトマンズで売られている「たまねぎ」の写真です。これ、いままでのものよりかなり大きいんです。聞くと、中国から輸入されたものとのこと。
これまではインドからの輸入に頼っていたのですが、昨年から今年にかけて季節外れの雨などの影響でたまねぎを含む基幹作物の値段が急騰。インド国内でも新聞の一面トップで連日報道されるほどの事態となり、ついにネパールへの輸出が禁止に。そこで急きょ中国からの輸入ものがドッと入ってきた、というわけです。
ネパールは南のインド、北の中国に挟まれて…、という説明や考察がよくされますが、こんなところにも二大国の地政学的な影響がみてとれる、と言えるのかな(笑)。
onion.jpg
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

1件のコメント

  1. ルートが気になる。
    直接はないだろうから。
    シッキム経由?
    まさか。
    では、ラダック経由?
    もっと、まさか。
    とすると、カルカッタ経由の海上輸送?
    どうなんでしょうね?

コメント

CAPTCHA