大反省

2

Daria.jpg
今年に入ってサボり癖が身についてしまったようだ。いつも頭のどこかには引っかかっているのだが、コンピューターを立ち上げて、文章を書いて、写真をアップして…と考えるだけで億劫になり、やめてしまう。さっき自分のページを見たら、7月と3月の記事が同じページに出ていて、どれだけサボっていたかを改めて認識。考えてみたら写真もこのところ撮っていない。ということで現在猛反省中。
<写真:大家さんが育てたダリアの花、生活のアクセントに>
今更のようだが、少しだけ最近のネパール情勢を。
7月下旬に大統領、副大統領が選出されたあと、ネパール会議派(NC)がマオイストの率いる政府に入ることを拒否、8月15日に「プラチャンダ」ことプシュパ・かマル・ダハルが首相に選出された。そして1週間後の今日、ほぼ組閣メンバーも決まりつつあるというのが現在の状況である。
1996年の蜂起から12年後、マオイストが政府を率いることになると誰が予想しただろう。数年後にはマオイストの主要リーダーたちは地下に潜行(スタッフの話によると、一部では「プラチャンダという人物は実在しないのではないか」と囁かれるほど、実態が知られていなかったという)、マオイストの人民軍は国軍と衝突を繰り返し1万人以上の人が亡くなっている。武力闘争を続けてきたマオイストが武器を捨てたのは2006年10月、つい最近のことだ。それが今ではネパールの政治の中心にいるというのは、よくよく考えると驚くべきことではないだ。(ネパール国民が制憲議会選挙を通してこれを実現させたという意味で)
しかし、制憲の中心にある3政党(マオイスト、統一共産党、マデシ・ジャナオディカル・フォーラム)が新生ネパールを担えるか、力量が試されるのはこれから。はらはらしながら見守る日が続きそうだ。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. やまちゃん on

    ようやくヘッドライト(キャップライト)が消えましたね。東南ネパールのコシ川洪水は被害が拡大しているようですが、ダハル新首相は中国観光とか、もっとも中国政府は救援金5万ドルを寄付したようです。シャプラは動かないのかな?

  2. やまちゃん、こんにちは。
    今回の洪水は規模が大きかったこともありますが、洪水の起きたその日に政府が対策本部を立ち上げ、首相特別基金から洪水被害者への支援金の拠出を決めるなど、対応はかなり迅速でした。UNも積極的にコーディネーションを行い、これまでの経験を活かしているように思います。シャプラニールはこの地域に全く土地勘がなく地元のNGOとのつながりもないこと、被害が起きて2日目くらいには当座救援活動中の食料などがほぼ確保出来たというUNOCHAからの報告などを元に、救援活動は行わないとしました。今後の展開については今はなんともいえないですが。

コメント

CAPTCHA