停電の友

4

s-IMG_2169.jpg2月1日から一日8時間停電が始まっているということを書き忘れていた。朝昼晩、3時間半から4時間の停電が2回あるので、なかなか大変である。

夜に停電時間がぶつかると出来ることは限られてしまう。去年まではインターネットなどをして過ごしてきたが、3,4時間停電するとバッテリーがもたなかったり、インターネットをすること自体に飽きてしまったり…。そこで今年はラジオを停電の友に仲間に加えてみた。短波、中波、長波、FMが受信できる立派な日本某ブランドラジオである。 <写真:ある山のなかで。ラジオカバーを見るとどれだけ大切にされているか判る>

いくつあるのか知らないがネパールにはコミュニティラジオ局がたくさんある。全国をカバーする局ももちろんある。ニュース、音楽、文学や科学、子どもから大人まで幅広い対象に様々な情報を届ける役割を果たしているのである。

おもしろいなと思ったのが社会的メッセージの強い番組が多いこと。女性や子ども、マイノリティの人権についてや4月に予定されている制憲議会選挙のこと、健康などなど国連やNGOが作成した番組もあって、ネパールの今を反映しているのだなあと感じる。ほとんどの場合寸劇を交えた構成になっているのがまた面白い。村の人に身近な設定で問題提起をするので「あー、こういう事あるある」と引き付けて考えられるようになっているのだろう。

ネパールのどこかの村で私が聞いている番組に耳を傾けている人たちがいる、ということを感じられるラジオが私の最近のお気に入りである。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. やまちゃん on

    2月23日に約2週間のネパール旅行かから帰国した大阪のNPOメンバーが「ひどい状態です、これから行く人はロウソクが必需品ですよ~」と叫んでいました。私「12年前と同じだよね~」、でも金曜日だけは停電がないんですって?、本当?なぜ?

  2. 面白いなぁ。ブログみたいに、発信者としてではなく、視聴者同士として連帯感があるというのが、また興味深いですね。

  3. timsina yogesh on

    はじめまして。
    テイムシナと申します。来日してから4年目です。
    停電やいろんな不安な状況のなかで大変苦労しながらネパールで生活していらっしゃることがわかりました。申し訳ございません。ネパールやネパール人の将来のために大変な生活にもかかわらず頑張っていらしゃいますね!
    本当にありがたいです、感動します。
    世界のために、もちろんネパールのためにも日本で学んだことや経験を活かせる手段として日本のNGOに就きたいのですが、
    そのために今回JICAの新卒募集に応募し隊のですが、JICAに関して教材がなくて不安です。開発と援助について知りたいのですが、
    何かアドバイスを頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。
    もしよかったらy***_****@yahoo.com まで連絡いただけたらと思います。
    では連絡を待ってます。

  4. ティムシナさん、はじめまして。ネパールの方からコメントをいただき、しかも完璧な日本語でコメントをいただいて本当に嬉しいです。ありがとうございます。
    大変な事も多いネパールの生活ですが、沢山の友人に助けてもらい心強いです。そういう意味では、私のほうが与えてもらっているものが多いような気がします。
    さて、JCIAや開発援助に関する資料についてでは私もあまり詳しくありません。知り合いなどに聞いてメールさせてもらいます。ティムシナさんの個人アドレスをそのまま載せるのはまずいかと思い、伏字にしました。ご了承ください。それではまた!

コメント

CAPTCHA