どこに行く、ネパール

4

今日、マオイスト(共産党毛沢東主義派)が政権から離脱することを決めた。4名の閣僚が辞表を提出したということである。マオイストは11月に予定されている制憲議会選挙前に王制を廃止し共和制の宣言をすること、そして制憲議会選挙を全議席比例代表制で実施することを要求していたが、それを巡る協議が今日の昼過ぎに決裂した。

午後2時からカトマンズの中心にあるラトナパークで開かれたマオイストの集会では、これから「平和的な」街頭行動を行うこと、そのスケジュールや内容を発表したという。

今日の夕方自宅に帰る途中、集会に参加したと思われる人たちを乗せたバスが通りすぎた。ほとんどが10代後半から20代前半くらいの若者で、表情に険しいものもなくまるでピクニックか何かから戻ってきたような様子で、一体この中の何人がマオイストの主張を理解しているのだろうかと思ってしまった、。一方、チトワンを含むいくつかもの郡で、この動きに呼応したマオイスト支持者がデモ行進を行ったという(彼らは「動員」ではない本物のはずだ)。

ああ、これからどんな展開が待っているのだろう。

この前の日曜日には、ルパンデヒ郡、カピルバストゥ郡(平野部)では、反マオイストの指導者が何者かに殺されるという事件から大きな騒ぎが起こり、外出禁止令が出されていた。いまだ一部の地域では外出禁止令が出されているという。

s-130 063.jpg 写真はガソリンを求めてスタンドに並ぶ人たち(とそのバイク)。ここ数週間、深刻なガソリン不足が続き、数リッターのガソリンを買うために半日近く並ぶという状況が続いている。外を走る車の数は目に見えて減っている。タクシーもメーターでは行かない車が多くなっている。ガソリン不足はネパール石油公社のインドに対する支払いが滞っているのがその理由だが、去年の9月から続いており、車を持たない私ですらこの状況に限界を感じている。ましてや、最近はディーゼル、調理用ガスも不足しており入手が困難であるという。

感心するのはこんな状況でも、人々が辛抱強く、秩序の中で振舞っていることである。ガソリンスタンドに並ぶバイクを見て欲しい。場所を取らないよう横向きに並べているのである。

今日、歩きながら帰る道々、人々の様子、町の雰囲気を感じ取ろうとしてみたが、特に緊迫した様子は感じられなかった。この印象が当るのか、それとも思いもかけない展開が待っているのか、しばらく見守る必要がある。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

4件のコメント

  1. 来週ネパールへの旅行を計画されているという方からコメントを受け取りました。掲載を希望されないということなのでご本人のコメントは載せませんが、私はこの場を使って返信させてもらいます。
    いただいたのは、現在の状況でネパールを旅行するかどうか、するとしたらどのような移動手段が望ましいだろうかという質問でした。
    残念ながらこれに対するお答えは出来ません。状況が不透明であるということにくわえ、質問をされた方へ私自身、何の責任も持てないからというのが理由です。ごめんなさい。
    私は外出するときはバスなどの公共交通機関やタクシーを利用しますし、人の集まる場所にも出かけていきます。だからといって自分以外の人、特に短期の訪問者に「大丈夫です」と太鼓判を押すことはできないし、かといって「危険です」と止めることもできません。そもそも旅行者と私たちでは行動する範囲が違いますし、もっと言えば何を危険と感じること自体が個人の経験などに大きく影響するからです。
    どうしても不安という場合は、ネパールの旅行会社(日本人がいるところが良いかと思います)などへ問い合わせをしてみたらよいと思います。少なくとも旅行者をお世話するという視点で現在のネパール状況を見ていると思うからです。ただし、自分のお客さんでない場合には返事がない場合もあるかもしれません(ビジネスですから仕方ありませんよね)。いずれにしろ、最終的にはご自身の判断になると思います。慎重に、かつ心残りのない結論を出されますように。

  2. やまちゃん on

    お久しぶり!マオイストの動きや主張は小倉清子さんのブログで把握していました。問題はインド・アメリカの内政干渉や謀略のようなので、今後については誰にも予測できないでしょう。旅行者は自身で調べ自己責任で行動するしかない。絶対安全を望むならご自宅から出ないことですよ。私は今より危険な内戦時代に何度もネパールに行きましたが、危険な場所は避けていたので、自分自身が危険を感じたことはありませんでした、しかし、留守家族には何があっても私の責任だから慌てることは無いよと申していました。

  3. 何が危険といっても、ネパール国内をどう動くかによって、違ってくるのでしょうね。バスでダージリンに行く、あるいは、ビルガンジを抜けて、カルカッタへ向かうとなれば、ある程度の危険を背負い込むことになるだろうし、マオイストであれば、外国人には、危害を加えないというポリシーはあったけれど、今のタライを見ていると、何が起こるか、わかりませんね。
     カトマンズでも今後、どうなるか、わかりませんが、危険性は、日本と変わりはないと、思っています。今の旅行者を見ていると、危険に対する構えがない様で、心配になります。
     日本だって、犯罪に巻き込まれる危険性は大いにあるし、隙を見せればやはり、犯罪の方から近づいてくるでしょう。
     ネパールだって犯罪目的で近づいてくる人はいるでしょう。自分の常識できちんと判断できなければ、タイでもカンボジアでも危険に遭遇することは、自明の理です。

  4. やまちゃん、こんにちは。私も小倉さんのブログは頻繁にチェックしています。普通のメディアには載らない情報や見方が判って、興味深いですね。
    hikarunoさんはじめまして。ブログ拝見しました。ネパールとは長い関わりがあるんですね。私が最初にネパール来たのは98年ですが、実際には住むようになってから知ることばかりです。
    現在のネパールについて、在住の方の多くは「先行き不透明ではあるが、旅行を中止しなくてはいけないほどではない」という書き方をしていますね。今のネパールに限らず、正しい情報を選ぶ力と正しい判断力は旅に必須です。どうか皆さん安全で楽しい旅を。

コメント

CAPTCHA