市民生活に影響が。。

0

カトマンズ事務所の宮原です。

日本ではあまり報道されていないのですが、ネパールはインドから実質的な経済封鎖を受けています。

これは9月に公布された憲法にネパール南部に住むインド系ネパール人が反発し、それをインドが擁護しているからと言われています。

今までのネパール・インドの間では時折、インドからの燃料提供がストップすることがあり、長くても2週間ほどだろう、とタカをくくっていたのですが、封鎖が開始して1か月を超えました。。

カトマンズを干上がらせるためには、ネパール南部を止めればいい、とはよく言いますが、まさに干上がっている状態です。

ガソリンや調理用ガスを入手するのに3,4日路上に泊まり込んで列に並ぶ人々もいます。(必ず入手できるとは限らない)

最近は炊飯器や電磁気コンロが飛ぶように売れているとのこと。

とはいえ、そんな電化製品も安いわけではないので、皆が買えるわけではありません。

薪で調理をしたり、極力ガスを使わないような食事をしている人たちも多いです。

写真は我が家の前の道です。我が家の付近にはガソリンスタンドはないのですが、どこのガソリンスタンドから発した列なのか、もうすでにわからない状態で、バイクが列をなしています。

20151105_083407-2.jpg

こんなに並んでも入手できるかどうかわからないのが、無情なものです。

人々の目下の注目はどこでいつガソリンが(またはガスが)買えるのか!ということです。

事務所のスタッフの話題も「ガスを使わない調理法」と「穴場ガソリンスタンド情報」でもちきりです。

物価はどんどん上がる一方で、地震の復興活動は全般的に遅れています。

いまだ解決の目途はたっていませんが、とにかく平和的にかつ迅速に収束することを願うばかりです。

カトマンズ事務所

宮原

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

Comments are closed.