青空バドミントン・その2

1

さて、2日目。今日こそは、と9時に空港へ向かうがやはり昼過ぎまで待ちぼうけ。1時過ぎには上空を飛行機が行くのが見えたが、ルムジャタールを通りすぎてしまった。

「あ!あぁぁぁ~、…」見上げる人たちのため息がもれる。

もっと北のルクラへ向かう飛行機だったらしい。おそらくたくさんのトレッキング客を乗せているのだろう。観光収入が大きなネパールにとっては、ローカル客ばかりのルムジャタール便より優先すべきドル箱路線ってことか。ルクラやポカラなど、観光客の多い路線を優先したためか、私たちの飛行機は再びキャンセルとなった。

P1010664.jpgこの日、ルムジャタールは朝から素晴らしい天気に恵まれていたが、私の気持ちはどうやっても晴れない。だって、カトマンズで仕事が山積みになっていくのだ、来週には日本に帰る前にどうしても片付けなくてはいけないのに…。

焦ってもどうしようもないが、それでも気持ちが落ち込んでいく。何とか楽しく時間を過ごさなくてはと、今朝から道づれになったロション君と歩きながら思いついたのがバドミントン。実は高校、大学とバドミントン部だった私、久しぶりにラケット握ってみるかと、バドミントンセット(420ルピー)を購入した。

風がほとんどないようでもシャトルは結構流されていくし、シャトルが見えず、暗幕を張った体育館でバドミントンしていた身には、難しいことこの上ない。そんな言い訳をしながら自分の出来なさぶりに困惑。私たちを見ているみんなも遊びたくてうずうずしている感じが伝わってきたので、適当なところで代わることにした。嬉しそうに遊ぶ姿を見ているだけでも楽しいものだ。

P1010671.jpg結局翌日もロション君にせがまれて、近くの高校のバスケットコートで朝の7時からバドミントンをした。風が凪いでいたので上々のコンディションだったが、前日の無理がたたって体が重く辛かった。そして 飛行機に乗れたのは3日目の午後、ただ飛行機を待っていただけなのに自宅についたらぐったり。  <写真:ロション君12歳>

でもルムジャタールのお陰で、久々にバドミントンを始める気になったのは大きな収穫。日頃の運動不足を反省し、寝る前に簡単なストレッチと筋トレを始めた今日この頃である。

<終わり>

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

1件のコメント

  1. はるか on

    バドミントン、実は私も始めようかなって思っています。幼稚園のお母さん仲間と。
    バトミントンは大学の授業以来なのですが…崩れ始めた体型が気になるので。(汗)
    1年ぶりの日本、気持ちの悪い陽気で驚かれたのではないですか?

コメント

CAPTCHA