発展するカトマンズ-2

1
カトマンズでは近年、高層建築も見られるようになってきている、と3月9日のブログで書きました。90年代までのカトマンズしかしらない方にとっては、ちょっと信じられないのだけど、という声が聞こえてきましたので、証拠写真を撮ってきました。
tallbuilding.jpg
これですよ、これ。どうです? 小さな写真なのであまりよく分からないかもしれませんが、ぱっと見、日本のマンションと区別がつかないくらいです。この建物は12階建ての、いわゆる分譲マンション。建築中に全戸完売だったそうです。1階部分が駐車スペースになっていてキレイな車が並んでいますし、入り口も大きな門とガードマンとでしっかりと守られています。カトマンズにはこれと同じ規模の高層マンションが他にも2つほどあるようですし、建築中のものも、いくつか見かけます。こうした新しいものが、古い町並みと、これからどのように同居していくことになるのでしょうね。
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

1件のコメント

  1. いやー、びっくりしてます(゜o゜)
    こんなになっているんですか。
    最後に行ったのは、JOCS(キリスト教海外医療協力会)の故伊藤邦幸先生の映画取材の時だから1992年。
    王政廃止はいつでしたか?
    白幡さんの目で見た変わりようの報告を楽しみにしています!
    資源のないネパール国、穏やかな(?!)ネパール人、どの様になって欲しいですか?
    コメントが書けるようになって、さぁ、世界を拡げましょう!

コメント

CAPTCHA