ネパールに赴任しました

1

みなさま、ご無沙汰しております。職員の勝井裕美です。

5月6日にネパールに赴任し、11日にネパール事務所長を引き継ぎました。
ご報告が遅くなり申し訳ありません!

写真は、現地スタッフがお昼休みを利用して開いてくれた私(右)の歓迎会と前任の中島(左)の送別会の様子です。

20180511_nepal

二人の首に掛かっているものは、カダと呼ばれる薄い布です。チベット仏教が起源のカダには歓迎の意味、これからの旅路の安全を願う気持ちが込められています。私の首に掛かっている卵色のものが多いですが、オレンジ、青、赤などもみかけます。

連邦制に基づく地方分権化が進めようとしているネパール。まだまだ肌感覚ですが、「動いている」感がします。もちろん、今までどおりのネパールらしいスピードや、つかみ所ない感じは変わらないのですが、「動」を感じます。ネパールの変化に敏感に、でも健康第一で駐在生活を送りながら、現地の人々と実りある活動をしていきたいと思います。

ご支援、よろしくお願いいたします。

ネパール事務所長 勝井裕美

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

1件のコメント

  1. 山下 甫 on

    ネパールは未来に大きな可能性を持ち、魅力あふれる面白い国だと思います。 時には農村地域にもお出かけください、しばしば「時間が止まったような」という感想を述べる日本人がいますが、私は上から目線で実態が理解できない人の皮相的な感想に過ぎないと思うのです。ネパールの歴史を考えれば「時間が猛スピードで進み始めている」のではないでしょうか? 健康と安全に留意してご活躍されることを祈ります。現地のなま情報を知らせて下さい!

コメント

CAPTCHA