社員全員参加の国際協力を ジヤトコ株式会社様

0

物品寄付「ステナイ生活」やネパール大地震への募金などにご協力いただいている
自動車部品メーカーのジヤトコ株式会社。静岡県富士市に本社があり、自動車用無段変速機の製 造で世界トップシェアを占めています。今回はグローバル広報部の丹羽さん、藤巻さん、 馬渡さんに話を伺いました。

ジヤトコ株式会グローバル広報部の丹羽さん、藤巻さん、馬渡さん

ジヤトコ株式会グローバル広報部の丹羽さん、藤巻さん、馬渡さん

—御社が取り組まれている社会貢献活動について教えてください。
2014年から本格的に社会貢献活動を進め、 「環境」「教育」「福祉」の3つを重点分野として取り組んでいます。例えば会社最寄りの「ジヤトコ前」駅周辺に芝桜を植えるといった地元への貢献、子どもたちにモノづくりの面白さを伝える「キッズエンジニア」への参加など、若 手からベテラン層まで、役職や部署関係なく一 丸となって自主的に活動を行っています。

まずは従業員 1000人の参加を目指した社会貢献活動も、地道な活動がグローバルに響き、昨年度には国内だけでなく海外拠点まで約1万3000人(全従業員 90 %)もの従業員が参加するまでに至りました。

—シャプラニールと協働することになったきっかけを教えてください
2015年からステナイ生活に参加しています。従業員全員が参加できる、目的や成果を説 明しやすいという点から辿り着きました。はじめは全マネージャー500名が一堂に会する集会に合わせて実施し、その際にはシャプラ ニールのパネル展示やステナイ生活のご担当者からの説明会も行い国際協力への理解・促進を行いました。その手軽さから、
今では社内に浸透し、各拠点から不要な本、CD、DVDが 集められています。

—今後シャプラニールに期待することを教えてください
寄付の報告はいただいていますが、現地の子どもたちの写真や手紙などがあると、従業員も「思い」が伝わっているとわかり、本活動の意味をより実感できると思います。
今後は、社内報や食堂で流す動画なども通じて社内にて活動を紹介していく予定です。(※9月にステナイ生活担当の菅野を取材していただきました。)

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA