「緑のgoo」の寄付先団体に選定

0

地球にやさしい検索サービス

南アジアで支援活動を行うNGOシャプラニール(東京都新宿区 代表理事 中田豊一)は、NTTレゾナント株式会社(東京都千代田区 和才博美)が運営するインターネットポータルサイト「goo」で提供中の環境保護活動に寄与する特設サイト「緑のgoo」(http://green.goo.ne.jp/info/)の寄付先団体に選定されました。
「緑のgoo」はウェブ検索をユーザが利用することで、得られた収益の一部が環境問題に取り組む環境保護団体やNGOに寄付され、団体の活動に役立てられる特別企画です。
■ 実施期間
2008年5月21日~2008年11月20日
■シャプラニールについて
シャプラニールは、1972年に創立されたで海外協力団体(NGO)で「すべての人びとが持つ
豊かな可能性が開花する社会の実現」を目指し、バングラデシュ、ネパール、インドにて活動
しています。
現地では貧しい農民、路上を生活の基盤とする子どもたち(ストリートチルドレン)、使用人として
働く女性たちなどを対象に彼・彼女らの自立を支援する活動を展開。

日本ではお買い物を通じた国際協力である「フェアトレード」や古本・CD・書き損じたハガキ
などを集め換金し海外外協力に役立てる「ステナイ生活」を実践しています。

 35年以上におよぶ活動を通じて現場での失敗から多くを学び、現在は「共生」という考え方のもと、南アジアと日本の人々が共に学びあいながら、お互いの社会をよくしていこうとする活動に取り
組んでいます。

■ NTTレゾナントについて
NTTレゾナントは、平成16年4月1日、インターネットポータルサイト「goo」や、独自のEラーニングサービスを提供するNTT-Xと、ブロードバンドコンテンツ提供サービス「BROBA」や、映像会議サービス等のパッケージサービスを提供するNTT-BBの事業を統合し、営業を開始ました。

【詳しくはこちら


【プレスリリース】

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA