被災地支援活動の現場から~いわき駐在報告会~(9/27)

0

前いわき駐在員・佐藤緑が、2年間駐在した福島県いわき市での活動を通して日々直面してきた被災地の現状、被災した人々と向き合い一緒に泣いたり笑ったりしながら活動して感じたことをご報告します。

いわきの抱える難しさだけでなく、被災者それぞれが自分なりの一歩を踏み出しつつある現在のいわきの様子にもスポットをあててお話します。
「何か支援がしたい」、「福島の様子を知りたい」と思いながら、なかなか現地には行かれないと思われている方もぜひこの機会にご参加ください。木元さんとぶらっと.jpg

●内容
-シャプラニールの活動地いわきの今
-被災者とともに歩いてきた2年間
-一緒に泣いて笑った交流スペースぶらっとでの活動と戸別訪問活動

●講演者プロフィール
佐藤緑(いわき事務所駐在員、現震災対応タスクフォース)
2012年4月シャプラニール入職後、6月からいわき駐在員となる。
交流スペースぶらっとの運営、戸別訪問を通して被災者の声を聴きながら活動を進める。
2014年6月から東京事務所勤務。震災対応タスクフォースと国内活動グループ広報として支援活動を継続。

【日時】2014年9月27日(土)13:45-15:30(13:30開場)
【会場】早稲田奉仕園スコットホール2階 222号室(シャプラニール事務所のある建物の2階です)
 http://www.hoshien.or.jp/map/map.html 
 
【定員】20人 ※定員に達し次第〆切ります。
【参加費】500円
 ※いわきの手作り小物をプレゼント

【申し込み方法】
以下のお問い合わせまで「氏名」と「連絡先」をご連絡ください。
メールの場合は、「9/27報告会参加希望」と明記してください。

【申し込み・お問い合わせ】
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会 担当:京井
E-mail:seminar@shaplaneer.org TEL:03-3202-7863

9/27

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA