JANIC主催「NGO就職ガイダンスSpecial~NGOで働きたい人へ~」(3/26)

0

当会の海外活動グループの白幡利雄が、(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)が主催する「NGO就職ガイダンスSpecial~NGOで働きたい人へ~」にゲスト参加します。ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

NGO就職ガイダンスSpecial
~NGOで働きたい人へ~(3/26)

NGOの仕事について知りたい。
NGOで働きたいけど、どうすればいいのか?
子育てをしながら、家族を養いながら、NGOで働けるの?
NGOは企業や政府機関と何が違うのだろう?

NGOへの就職・転職を希望されている方を対象に開催している「NGO就職ガイダンス」、今月は特別版にて開催します。NGOの仕事内容や求められる人材、待遇面などのお話はもちろん、現在NGOで働いている 4名の講師と参加者同士の相談・交流の場を設け、ご自身のキャリア形成を考えていきます。

NGOの仕事を知りたい・将来働きたい方、就職活動中の学生・社会人の方、今後のキャリアを迷われている方、ぜひご参加ください。

【日時】2012年3月26日(月)18:30~21:00
【会場】国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟4F  401室
【参加費】1,500円
【定員】80名(定員になり次第締切り)
【対象】NGOへの就職に関心のある方
【申込方法】以下の予約申込フォームからお申し込みください。
http://www.janic.org/aform023.php

講師プロフィール(敬称略)
福井美穂(ふくい・みほ)
認定NPO法人難民を助ける会 調査研究
98年英大学院修士課程修了。99年から8年間、旧ユーゴスラビア、アフリカ等でNGO職員として人道支援に携わる。2007年より2年間内閣府で勤務後、2009年4月より現職(政策提言の基礎調査など)、翌年3月に娘を出産、4月から大学院博士課程後期在籍、産・育休後、2011年4月よりパートタイムとして復職。

白幡利雄(しらはた・としお)
特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会 海外活動グループ
学生時代の専攻は地理学。手話通訳と障害者運動にのめり込む。早稲田大学大学院在学中から関わっていたシャプラニールに1993年3月、卒業と同時に就職。東京事務所ではクラフト、広報、支援者サービスの各部署を経験したほか、ダッカ、カトマンズの両事務所で駐在員を経験。現在は海外活動全体のコーディネーションを担当。1997年に職場の同僚と結婚し、子どもは2人。44歳。

富野岳士(とみの・たけし)
国際協力NGOセンター(JANIC) 事務局次長
1989年早稲田大学法学部卒業、2007年早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係学修士課程修了。大学卒業後、民間企業に就職し、約17年間の海外営業、インドネシア駐在などを経て、2006年よりJANICに勤務。2007年より事務局次長として、NGOの理解促進、他セクターとの連携、ファンドレイジング、NGOの基盤強化を中心に活躍中。特に最近は企業とNGOの連携促進に注力し、CSR推進NGOネットワーク事務局を兼務。

松尾沢子(まつお・さわこ)
国際協力NGOセンター(JANIC) 広報グループ・能力強化グループマネージャー
大学卒業後、独立行政法人国際協力機構(JICA)に入職し、2008年にJANICに転職。NGOの広報部門および組織強化やNGOの社会的責任に関する実践支援部門の担当マネージャーを務める。

【お問い合せ】
(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)
担当:広報グループ 渡辺
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18 アバコビル5F
E-mail:pr(アット)janic.org TEL:03-5292-2911 FAX:03-5292-2912


3/26

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA