人気商品:She with Shapla Neer

main_image

一人一人の女性の支援にフォーカスするブランド 「She with Shapla Neer」。南アジアのより貧しく、よりアクセスの悪い遠隔地において、経済発展や開発から取り残され、厳しい状況にある女性たちを、地域で採れる素材を用いた物づくりを通じて支援し、またその後の生活向上を検証していくことをブランドの使命としています。

女性たちの想いがつまったハンドメイドソープ

2009年11月、商品開発スタッフがバングラデシュに出張で訪れたとき、パートナー生産団体プロクリティから「元セックスワーカーの女性たちが石けんを作りはじめた。彼女たちを応援してくれないか」という話をされたのこのがこのプロジェクトの始まりです。そして同じ頃、ネパールからも「丘陵地帯に住む女性たちが収入向上のために石けん作りをはじめた。日本で販売できないか」という話もありました。当時のクラフトリンクでは、ちょうど手工芸品の販売を牽引する意味でも消費材となる商材を輸入販売できないかなど話をしていた時期だったため、現地の声にも応えるべく、She with Shapla Neerブランドの立ち上げを行いました。

石けんを作るのは、現金収入を得られる仕事の少ないネパールの農村地帯で、夫がインドへ出稼ぎに出たまま戻らず収入が途絶え不定期な送金により厳しい状況にあるネパールの女性。またさまざまな事情から売春をせざるを得なかったバングラデシュの女性たちです。

さまざまな事情から、仕事がなく、一家離散や売春をせざるを得なかった女性たちが、苦難を乗り越えた末に新しい仕事として石けん作りを始めました。子どものため、家族のために、この取り組みは、彼女たちそれぞれの「生きることへの挑戦」なのです。

image01

南アジアで採れる自然素材のみで手作りしたソープ。お肌にも優しい洗い心地。

She with Shapla Neer シリーズ一覧をみる

 

女性たちの自信につながる石けん作り

She with Shapla Neerは、バングラデシュのマイメンシンとネパールのピュータンという彼女たちの住む場所にちなんだ2つのラインナップを展開しています。それぞれ事情が違いますが、誰もがより良い生活を目指して日々働いてます。クラフトリンクはそんな彼女たちに寄り添い支えていきます。

アミナさんマイメンシンシリーズ(バングラデシュ)
首都ダッカから120キロ離れた北部の街、マイメンシン。この地域には貧困など様々な理由で性的労働につかざるを得ない女性たちが多数います。地元のNGOによってこのような女性たちの支援プログラムが実施されることになり、そして女性たちが新たな生活向上手段を得られるよう石けん工房の運営をスタート。現在30人以上の女性たちが働いています。
生産者のストーリー マイメンシン編

thamb02ピュータンシリーズ(ネパール)
首都カトマンズから飛行機で2時間、ジープで7時間の山岳地帯にあるピュータン。雇用の機会が限られている農村部では、夫が出稼ぎに出たまま戻らず収入が途絶えたり、不定期な送金により貧困状態にある女性や子どもたちがいます。政府などの支援を受けながらピュータン郡グリ村で石けんを作っているのは、ドゥルガさんをはじめとする女性。近くに流れる雄大なジムロック川から名付けられた「ジムロックシャボンファクトリー」にて働いています。
生産者のストーリー ネパール編

 

初めての挑戦にとまどいながら

試行錯誤しながら完成したSheソープ。クラフトリンクもパートナー生産団体も初めての挑戦だったこともまり、まずは多方面の専門家に相談をしました。技術支援には人と環境に優しい石けん作りを行う太陽油脂が株式会社、資金協力には独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)、ブランディングには障害者や社会的弱者の仕事創出・自立支援に取り組む一般社団法人Sell the Challengeの支援を得ています。

そして何度も現地へ足を運び、適切な生産環境を整えためのアドバイス、石けんの材料の確保、商品化に適したパッケージ考案などを経て製品化されました。試作を何度も行い、しっかりと素材が混ざっているか、同じ重さ大きさに揃っているか、混入物がないかなど、沢山の課題を乗り越えて完成しました。

kaihatuhiwa_gurimura

kaihatuhiwa_senmonka写真上:初めて使う電子計量器の使い方を学んでいる様子。 写真下:専門家のアドバイスを聞きながら生産工程を確認している様子。

She with Shapla Neer を購入する

ネパールの彼女たちのさらなる挑戦

ネパールのピュータンでは、ドゥルガさんを中心に石けん作りをしていました。そんなある日、ドゥルガさんから「ほかになにか作れないかな?」との提案があったとパートナー生産団体のマハグチから連絡が入りました。そこでクラフトリンクでも「Sheソープと同じ素材で何か作れるかも!」と思い開発を進めたのが「Sheリップバーム」でした。

Sheソープと違って直径4cm程度の小さな容器に入れなければならないこともあり計量の正確性をより高めなければならいことだったり、凝固する過程でどうしても出てきてしまう水滴に悩んだり、こちらも今までにはなかった問題に直面しました。でも商品化を応援してくれたクラウドファンディング支援者に後押しされて、ついに完成することができました。

kaihatuhiwa_lipbalm

グリ村で採れるチウリオイルをたっぷりと使用。ベタつかず、しっかりと唇と潤します。

Sheリップバームのラインナップをみる