クラフトリンクの歴史

main_image
 
シャプラニールのフェアトレードは、1974年、洪水に見舞われた農村の復興の一環で、外で働いて収入を得る機会が限られる女性を対象にした活動(農村開発活動)としてはじまりました。おそらく日本で最初にフェアトレードに取り組んだ団体といえるでしょう。

 

伝統的な民具づくりの技術を活かした活動

深刻な洪水に見舞われた直後のポイラ村(首都ダッカから北西へ約80㎞)は、洪水で農地が荒れ、町へ働きに行く交通費もない、さらに物価の高騰が追い討ちをかけ、村人の生活は困難を極めていました。シャプラニールがバングラデシュで活動をはじめて間もない1974年のことです。

そして始まったのが「女性のためのジュート手工芸品生産協同組合」でした。男性の働く機会が限られている状況の中、女性たちが仕事をして収入を得る手段として、伝統的なジュート製の民具づくりの技術を活かした手工芸品生産活動が考えられたのです。イスラムの慣習から外で働くことのできない女性にとって、貴重な仕事づくりとなりました。
image01

ジュート(黄麻)によるシーカ(網かご)づくりから始まっています。

シャプラニールのフェアトレード商品を見る

 

生きる意欲に火がついた女性たち

組合メンバーが次第に収入を得られるようになると、村の中では、風紀が乱れると言ってやっかむ長老たちもいました。しかし、それまで裸足で歩いていた女性たちがサンダルを履いて外出するようになるなど、低い地位に留め置かれていた女性たちにとってとても大きな変化が現れました。

アミナさんアミナさん
1974年12月30日、28枚のジュート・マットを持ってダッカへ納品に行きました。しかしそのほとんどが品質検査に合格せず、返品されてしまいました。自分たちの技術が足りないんだと思いましたが、返品された商品を見て、組合のメンバーみんなが泣いていたのを覚えています。

thamb02ロヒマさん
私の家は貧しく、母と妹も組合のメンバーとして仕事をしていました。教育を受けたくても学校へ行くためのお金がありませんでした。仕事を始めて、収入を得られるようになり、学校を辞めずにすみました。この仕事がなかったら学校は続けられなかったし、今の夫とも結婚できなかったと思います。結婚後も学校は続け、識字教室の先生も務めたことがあります。

 

女性たちの自信につながるように

image02

一方、日本で女性たちが作った製品の販売もはじまります。もちろん当時はフェアトレードという言葉はありませんでしたが、これがシャプラニールのフェアトレード活動のはじまりになります。

直接生産者から製品を買い上げるのではなく、現地のパートナー団体から仕入れるようになったことや、バングラデシュだけでなくネパールにも活動が広がったことなど、形としては大きく変化してきました。しかし、生産者一人ひとりの暮らしが良くなるために、女性たちの自信につながるように、という想いは変わっていません。

シャプラニールのフェアトレード商品を見る