Stand Up in早稲田大学 withアトム通貨

0

今日、10月17日は世界貧困デー。
それにちなんで、世界各地で様々なイベント、講演会が行われています。

そんなイベントの一つに、Stand Upキャンペーンというのがあります。

2000年に世界189の国のリーダーが集まったミレニアムサミットで
「世界の貧困を半減させよう」という宣言とともに、
8つの数値目標(ミレニアム開発目標)が約束されました。
たとえば、1日1ドル以下で生活する人の数を半減させよう、ですとか
初等教育を男女の区別なくみんなうけられるようにしよう、ですとか。

この約束をきちんと守ってね!というのをアピールすための
キャンペーンが、Stand Upキャンペーンなのです。
http://www.standup2015.jp/index.html

10月16日~18日の間に、貧困をなくすために
文字どおり「立ち上がった」、世界の人々の総数をギネス記録に申請して、
世界のリーダーたちに、「これだけの人が貧困削減に関心があるんだよ」と
アピールするというものです。

ということで、シャプラニールも事務所のご近所さんである、
早稲田大学のボランティアセンター(WAVOC)さんと
早稲田・高田馬場地域の地域通貨、アトム通貨実行委員のみなさん(大学生)と
一緒に、このStand Upをしてきました。

最初は、早稲田大学さんの授業の一環で、貧困のこと、
ミレニアム開発目標のこと、シャプラニールの活動のことをお話しし、
授業の最後にStand UP!

standup3.jpg

StandUp前には、「貧困をなくすために●●します」ということを
受講生に考えてもらったのですが、
「今の環境で一生懸命勉強する」とか
「物を大切にする」といった、自分の暮らしに合った宣言を
みなさんの言葉で答えてくれたのが、印象的でした。

そして、授業後の昼休みには、屋外でStandUp!
屋外では、アトム通貨にちなんでアトムくんの形を作りたかったのですが、
やむなく断念。

standup1.jpg

でも、学生以外の方の参加もあり、嬉しかったです。
アトム通貨の実行委員のメンバーもとても気持ちよく
協力をしてくれて、とてもさわやかな気持ちに。

standup2.jpg
「立ち上がる」というと大仰な感じもしますが、
日々の暮らしの中で、たくさんの人と触れ合って、
想像力をもって生活することが、
まずは貧困をなくす第一歩なのかも知れないなあと思いました。

スタッフ 勝井

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA