サリー着付け体験ワークショップを開催しました!

0

こんにちは。国内活動グループインターンの和栗です。
9月に入り、秋の訪れが近づいてきましたね!

先週9月2日(土)にパルシステム東京様主催で「ピースフェス2017」が開催され、シャプラニールも出展させていただきました。
ピースフェスとは、パルシステム東京様が平和を学び考える機会として毎年開催しているイベントです。
シャプラニールは、サリー着付け体験とワールドバザールにてクラフトリンク商品の販売を行いました。

●サリー着付け体験

着付け体験の前に、国内活動グループの京井よりバングラデシュとシャプラニールの紹介がありました。
普段触れることの少ないバングラデシュの情報に、皆様が興味を示してくださっていました。

ワークショップの様子1

バングラデシュとシャプラニールの紹介をしています

ここでサリーについて少しご紹介します。
サリーとは、南アジアの女性が着用する伝統的な民族衣装で、チョリと呼ばれる丈の短いブラウスとペチコートの上に1枚の長い布を身体に巻きつけて着用します。
布の大きさは幅約1メートル、長さ約4~11メートルに及び、2人がかりでようやく広げられる大きさです。
布の色や柄は多種多様で、着る人の個性がよく表れています。

着付け体験では参加者の方々が2人1組となり、お互いにサリーの着付けをし合っていただきました。
着付けの難易度は個人によって感じ方が異なるようでしたが、最後は全員がきれいに着こなしておられました。

ワークショップの様子3

最後に記念撮影。皆様とてもお似合いでした!

●ワールドバザール

ワールドバザールには、フェアトレード雑貨やチャリティ商品を取り扱う国際協力NGOが出展しました。
シャプラニールはクラフトリンクの「ハニープロセス珈琲」や「SHEソープ」、雑貨の販売を行いました。
特にコーヒーは多くの方にご好評いただいたようです。

ワールドバザールの様子

2017AWの新商品も販売しました!

日常生活では、世界のこと、平和のことについて改めて考える機会は少なく、このイベントを通して世界が少し身近に感じられることができました。
こういう機会を今後も大切にしていきたいと思いました。

なおシャプラニールでは、ご希望の団体様へ講師を派遣し、「サリー着付け体験」や「バングラデシュカレー作り教室」などを開催しております。
講師派遣のお問い合わせがございましたら、(info@shaplaneer.org)までお気軽にご連絡ください。
お待ちしております!!

国内活動グループインターン 和栗佳代

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA