札幌で会員のつどいを開催しました。

0

11月7日、札幌市及びその近郊にお住いの会員、マンスリーサポーターの方にお声掛けし、会員のつどい in 札幌を開催しました。この日、札幌では初雪を観測し、みぞれ交じりの雨が降る中、少人数ではありますが札幌連絡会の萱野さんはじめ会員のみなさんがお集まりくださいました。会場はフェアトレード雑貨&レストラン・みんたるで、おいしいカレーとモモをいただきながら、いろんな話をしました。

その中で、私の方からはクラフトリンクの活動の方向性の議論について今度の会報で報告予定の内容をお伝えし、みなさんのご意見も伺いました。元々学校教育に携わり、ネパールで独自の支援活動も行っているという会員の方からは、最近発刊された『わたし8歳、職業、家事使用人』を読みとても関心を持たれたとのこと、学校教育の現場におけるカウンセリングや先生への研修等でもこれを活用できるんじゃないか、といったご意見もいただきました。

9日はみんたる15周年ということで、記念パーティーが開催され、私もお邪魔しました。店内に入りきれないほどたくさんの人が集まり、歌声喫茶やライブなどが行われていました。私はその後の予定があったので少ししか居られませんでしたが、アイヌ語で「みんなが集まる場所」という店名の通り、老若男女いろんな人がお祝いに駆けつけ、店内は大変な熱気でした。みんたるの和田さんは忙しい中私を色んな人に紹介してくれ、地元でFriday for Futureに参加している高校生たちにも出会い、彼女たちの情熱や大都市札幌でも百人程度しか集まらないことへの疑問などをきき、話をしました。

みんたる15周年記念パーティ

みんたる15周年記念パーティ

みんたるの和田さんと

みんたるの和田さんと

また、札幌で最初のフェアトレードショップ「これからや」にもお邪魔し、ごあいさつ。店長の東さんにはお会いできませんでしたが、クラフトリンクの活動の方向性についてお伝えしてきました。

環境友好雑貨店これからや

環境友好雑貨店これからや

8日に行われたフェアトレード・セミナーで一緒に登壇した村上彩子さんが経営するフェアトレード・ショップ「エシカル・タイム」にもお邪魔し、お店を拝見。持続可能な生活を提案するというお店のテーマに沿って、フェアトレードの衣類、環境に配慮した生活グッズ、有機農産物を使った食品などがセレクトされています。今年の4月にオープンしたばかりですが、既にリピーターのお客さんが何人もいらっしゃるそう。店内にはSDGsのロゴも展示され、テーマ通り「サステイナブル」なお店でした。

エシカル・タイムが入っているサッポロファクトリー

エシカル・タイムが入っているサッポロファクトリー

エシカル・タイムの店内

エシカル・タイムの店内

店長を務める村上さんのお兄さん・森嶋さんと。

店長を務める村上さんのお兄さん・森嶋さんと。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメント

CAPTCHA