支援物資の手配

3

昨日より、北茨城市、いわき市およびその周辺での緊急物資輸送を始めています。東京ではなかなか物資が集まらない中、一昨日、昨日とスタッフが都内のスーパーなどを回って物資を購入するとともに、灯油缶などをかき集めました。こんな中、埼玉県深谷市荒川にある食品館ハーズ様、深谷市役所及びJA花園様より緊急物資を集めていただき多くの救援物資を寄付していただきました。ありがとうございました。結局2トントラック(松本職員実家より貸借)とハイエース(鈴木評議員より貸借)に載せられるだけいっぱい荷物を載せて現地に向かいました。

いわき市では、特に食糧が不足しており、本日もいわき市と深谷市を往復して物資の輸送と避難所や養護施設、病院などへ物資を運ぶ予定になっています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

3件のコメント

  1. 中原運送 on

    都内在住、いわき市の者です。毎週個人的に物資を届けてます。トラックもあいているものがありますので、もし使用するならうちのドライバーも是非参加したいといておりますので、是非ご連絡ください。

  2. 筒井哲朗 on

    中原運送様
    この日曜日私もいわき市に行きました。少しずつ物資も入ってきている様子ですね。今後の動きを早めに作って、ご連絡したいと思います。お申し出ありがとうございます。

  3. ご苦労さまです!
    国内活動がはじまりましたね!
    神戸・淡路大震災の時、現地取材を会報に掲載した時のことを思い出しています。
    ところで、地域連絡会の様子は?
    仙台や秋田や山形など、毎回キャラバンを受け入れてくれている地元団体の被災状況や活動状況はどうなっていますか?
    私もその昔、キャラバンに同行した時にお世話になったことがあるので、みなさんの顔や声が浮かぶ毎日です。
    また、各地連絡会同志の連係はあるのでしょうか?
    実は、私のふるさと宮崎県小林市は新燃岳(現在も噴火中!)の北麓にあり、第1回目の噴火では、火山灰ではなく噴石が降り、他人事ではありません。現在は、隣り町の高原(たかはる)~都城~霧島町にかけてですが、これかの季節は小林方面に向かってきます。
    シャプラニール宮崎連絡会「みやざき国際ボランティアセンター」のある宮崎市には火山灰が降っています。口蹄疫、鳥インフルエンザ、噴火、そして都井岬の馬の病気などなど、宮崎に限らず、日本各地、世界中で問題が起きたり噴出しています。ひとり一人が、世界中がどう生きればいいかを考える毎日です。その中で“私”はどう生きるのかも!このようなふるさとへ近々Uターンしようとしています。

コメント

CAPTCHA