オカルドゥンガから戻りました

5

P1010395.jpg予定より2日遅れて今日の夕刻、カトマンズに戻ってきた。(詳しくは次回以降のブログで)到着した翌日から6日間、一切乗り物は使えず毎日4-5時間山道を歩いて活動地を巡った。同行したスタッフは、私が山道を歩けるかどうか心配していたようだが、大学時代にバドミントンで鍛えた足腰にはまだ力が残っていたようで、不注意で1回転んだことを除けば特に問題もなく、むしろ楽しく歩けた。

<奥の細道を彷彿させるような山道>

今回の出張は、これまでシャプラニールがネパールNGOのCSDと共に実施してきたプロジェクトの現状を確認するというのが目的だったので、これまで支援をしてきた様々な住民グループとも会い話を聞いた。必ずしもすべてのグループの活動が順調に行っているわけではないが、これまで8年間かけて支援をしてきたことの成果は確実に出来ていると感じた。

P1010613.jpg例えばケトゥケVDC(行政村)のトゥロジュレという村で、ビジョエ貯蓄融資女性グループを訪問したときのこと。99年に結成されたこのグループ、40人だったメンバーは48人に増えた。

CSDから屋根用のトタン板は支援してもらったが、レンガや木材などはすべて自力で調達し、2ヶ月かけて自分たちの手で集会場(写真参照)を建設した。貯蓄融資だけでなく、病気になった人がいればメンバーが交代で家事を手伝いに行ったり、無利子でお金も貸し出しているという。また、最近になって、同じ村で活動する森林組合の協力を得て、メンバーへの識字教室も始めたという。

<ビジョエ貯蓄融資女性グループのメンバーと共に>

次の目標は何?と聞くと「電気を引いてきて製粉所をつくること。朝2時に起きてとうもろこしの粉を引くのはつらいもの」と答えた。それで浮いた時間はどうするの?と尋ねると、編み物などをして有効に使うわ!という元気な言葉が返ってきた。彼女たちはシャプラニールやCSDに支援して欲しいとは言わなかった。これまでに自分たちがやってきたことで自信が生まれた証拠なのだろう。

P1010432.jpg 訪れた村はほぼ例外なく電気、水道、ガスなどはない。かろうじてラジオが入り、場所によっては1本か2本電話があるという程度。外との交通手段は歩きのみというところばかり。

日が落ちれば、夕食を食べてあとは一つの灯りを囲んで家族団らん、夜9時過ぎには村全体が寝静まってしまう。朝5時過ぎにはかまどに火が入り、鶏やヤギの鳴き声とともに夜が明けるという、自然と調和した生活がある。

<水汲み用のカメを抱えて歩く女性>

物質的には豊かとはいえないし、薪を取って煮炊きをし、汲んできた水で食事やその他をまかなうというのは、特に女性たちにとって負担の大きい生活だろう。けれども、自分たちの手や目の届く範囲に生活があるというのは、反対に安心感も与えてくれるという気がした。

10日留守にしただけで、不要なメールを削除するのに1時間以上も費やさなくてはいけない自分の状況との落差に大きなため息が出てしまう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

5件のコメント

  1. j、フォキール on

    おかえりなさい、藤崎さん。いやー懐かしいですね!オカルドゥンガの山々、家々。バングラの平地と違って、こっちの山から向かいの山、その先の山がひとつの集落だったりで、バザールでも会合でも大変ですよね?!藤崎さんのバングラ駐在の経験から、ムスリムとヒンドゥーの違いも含めて、協力活動をする上で、平地と山地の違いなども時々レポートしてもらうと、わくわくしてしまいそうです!あー、また行きたいな!

  2. むむむ、難しい注文が出されてしまいました。私自身もムスリムとヒンドゥの違いなどにとても興味があるのですが、それが宗教の違いからくるのか、ネパールとバングラデシュとの違いなのか、はたまた別の要素があるのか、不勉強な私にはどうしても見えてきません。(おそらくすべてが絡み合っているのでしょうね)
    タライ(平野部)に行って、リキシャが走っているのを見ると無性に懐かしく感じるのは、バングラデシュが私の原風景になっているからなのでしょう。そういえばスリランカを訪問した時に感じた面白い印象を想い出しました。次回以降のブログでお伝えしますね。

  3. やまちゃん on

    ご苦労様でした!ほぼ10年間ネパールと付き合ってみての感想ですが、この国の民衆には、政府が当てにならない分、地域コミュニティーで解決する力があるように思えます。日本では既に崩壊したこの力を再生しなければと考えさせられるます。シャプラの活動のすばらしさは、この潜在能力を引き出していることにあると感動しています。

  4. j、フォキール on

    やまさん、そうですね!山間部での地域コミュニティーの存在理由の主因は、水利用ではないでしょうか?それと公道。昔からの宗教行事や他に何かあるのでしょうか?藤崎さん、女性の暮らしの中で何かあるのでしょうか?それと、政府が当てにならないのはなぜ?国王がいたから政府は名だけだったとか?だとしたら王国が無くなって、今、国民は民主政治を求めている最中!?マオイストの武装解除が正しくその現れでしょうか?

  5. 確かに水や道というのは維持管理が必要なので、コミュニティを結びつける役割はあるような印象がありますね。また、恐らく畑仕事をするにも互いに労働力を提供しあうような仕組みがあったと聞いたような気がします。
    タマンのみが住むトタジュリという村を訪れた時のこと。ここの女性グループでは、本来の貯蓄融資活動以外にも、メンバーが病気になったら家事を手伝ったり無利子で融資をしているという話を聞きました。昔から相互扶助のシステムがあったのかと質問すると、そんなものは存在していなかったという返事でした。
    こういう社会のシステムは地域や民族によって異なるでしょうし、きちんと調べたわけでもないので一般的なものと言えないかと思います。いずれ勉強してまたブログで報告します。

コメント

CAPTCHA