それはもはやネパール語ではないのでは・・・

8

2ヶ月に1回パートナー団体に活動紹介文を書いてもらっている。隔月発行のシャプラニールの会報「南の風」に載せるためのものだ。先週3つの団体からの原稿が届いた。2つは英語で書かれていたが、働く子どもを支援するCAP-CRONのものだけネパール語だった。そこで担当するスタッフ・スリジャナにまずは口頭で内容を教えてもらうことにした。

スリジャナ「簡単なネパール語を使うからね、いい?」

私「了解」

スリジャナ「(前略)…こういった子どもたちのビヘービヤーをローカルのピープルは、グッドなチェンジだと言っている*。…(後略)」

私「ふむふむ」

スリジャナ「どう?だいたい判った?」

簡単なネパール語というよりこれはほとんど英語だ、いくら私でも判るって。バングラデシュでもそうだったが、ネパールの人、ある程度教育を受けた人たちの会話にはかなりの頻度で英語の単語が入ってくる。日本語も最近はカタカナが氾濫しているが、名詞に限らず動詞も使うネパール語にはかなうまい。

慣れないうちはそれに助けられることも多かったが、最近はそれがアダになっている気がする。仕事に直結する単語が増えてこないのである。カトマンズで仕事をしている限りはいいが、問題はフィールドに出た時。子どもや村人と話をするには英語は禁物なのだ。結局そばにいるスタッフなどにネパール語→ネパール語の通訳をしてもらわなくてはいけなくなり、時間もかかるし相手の集中力も途切れてしまう。

実はダサイン前からネパール語の勉強をサボっている。先生が忙しくなってしまったのがその理由だが、せめて独学でも再開しようと思っている。そろそろ本当に「簡単なネパール語」の話が判る程度にはならないとね。

*全部日本語にすると「こういった子どもたちの振る舞いを、地元の人たちは良い変化だと言っている」となる。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

8件のコメント

  1. やました on

    時は1960年代前半、所は日本の某商社・貿易部。エリート社員たちの会話。「次長ROKからビットのアナウンスです、オファーきました」、次長提携先のアメリカ商社に電話「アイハブリシブド、アンインホーメーション、フロム チョセン~」「ア~ン、フロムホエヤー?」「ア~ コリアコリア」若手一斉に吹き出す。次長泰然と筆をとり墨痕鮮やかに関係メーカー宛の書状「今般韓国より乙波有之候~」。若手あきれて 「コリャコリャの次は候文かよ!」
     ネパリのこと嗤えませんよね!

  2. 落ちもあって、おもしろい!今でも行く所に行けば、そういう会話がなされているのでしょうね。
    ところで山下さん、リレーエッセイならぬリレーブログやりませんか?

  3. あ、具体的なアイデアがあって書いたわけではないのです。すみません。(うえはらさんの「やっぱり~!」という声が聞こえそうです…)
    ただ、双方向の交流を可能にするインターネットという媒体を使っているからには、それを使わない手はありませんからね。何か出来ないか考えて、しかるべき人(担当者)とも相談してみます。

  4. うえはらゆ on

    「やっぱり~」ならず「こらっ!」って。ははは 楽しみです。
    表示される投稿の時刻はネパール時間なのですね。全然気づいていませんでした。何となく嬉しいですね。

  5. やました on

    藤崎さんのブログいつもネパールの息吹が伝わってくるので楽しみに読んでいます。
     現地でないと解らないことと、現地では解らないことがあるものなので、リレーするならやはりネパールに関連する内容にしたいですね。日本ネパール協会のホームページに昔は「ネパール便り」があって、ネパール在住日本人、日本語の達者なネパール人からほとんど毎日現地の様子が伝えられていたのに、なぜかこのページがなくなってしまったので、いまは藤崎さんのブログだけがネパールの風穴なのです。

  6. 恐縮しつつ、応援をありがたく感じています。勉強不足ではありますが、できるだけ多くの事を伝えていきたいと改めて思いました。(しつこいですが)「リレー」の件はまた後ほど…。

コメント

CAPTCHA