業界用語の謎

8

こちらで仕事をしていると東京事務所との連絡などを除いて、ネパール語と英語が中心になってくる。同じような仕事をしている人たちと話をしていれば自ずとテーマが限られてくるので、不自由なりになんとか会話が成立しているような気になってくる。

しかし、そういう状況の中でも相手の言わんとしている真意が分からず「うっ」と詰まることが結構頻繁にある。いわゆる業界用語を使われた時だ。エンパワメント(empowerment)、パーティシペーション(participation)、キャパビル(キャパシティ・ビルディングcapacity building)などはその代表的な例である。

エンパワメントは難しいので飛ばすとして(すみません)、パーティシペーションは「参加」、キャパシティ・ビルディング「能力向上」「能力開発」などと訳すことができるかと思うが、意味が広すぎて「誰」が「どうなること」を指しているのか良く突き詰めて考えると全く判らない。なのに、何かすばらしいことを語っている気分にさせてくれる便利で不思議な言葉たちに翻弄される毎日だ。

勉強不足を暴露するようで恥ずかしいのだが、ある経験をお話したい。

バングラデシュの駐在を終えてシャプラニールの東京事務所で勤務をしていた時のこと、ODA系某団体が主催するキャパシティ・ビルディングに関する3日間のワークショップに出席をした。アジア、アフリカ、ラテンアメリカからの出席者も多く、事例報告も全体の進行も英語で行われていたのだが、何が話し合われているのか全く理解できないまま初日が終わった。

勉強不足のせいか、はたまた英語の理解能力の不足のためなのか・・・理由も分からなくて、正直かなりへこんでしまった。さて、翌日。同じ会場へ足を運んだが、やはり理解できない。

2日目か、最終日だったか忘れてしまったが、いくつかのグループに別れてワークショップをすることになった。NGO関係者が多く集まったその分科会では、まるでソロモンの指輪(動物や植物の会話が理解できるようになる指輪)を手にしたかというくらい、全ての話が頭の中に入ってきた。

会議本体では、バングラデシュやネパールといった支援を受けている政府や関係機関の「キャパシティビルディング」、つまり日本などの支援国に対して透明性を確保し、かつ効率良く活動を進めるように能力向上させることがいかに大切か、ということがずっと議論されていたのだった。

それなのに私はずっと、バングラデシュの農村に住む女性や路上生活している子どもたちのエンパワメントについて考えながら、会議に出席していた。私にとってキャパシティ・ビルディングとは、どうやったら人間一人ひとりが人生について自己決定をできる(エンパワメント)ようになるために、必要な知識や発言力、経済力(キャパシティ)を得る(ビルディング)ことができるのだろうと考えていたのだから、話がかみ合わないのは当然のことだった。

英語、日本語、ネパール語といった問題ではなく、語っている相手の立場や背景、方法論、そして言葉の後ろにある意味を理解できていない自分を大いに反省した。

さてその大いなる反省の甲斐もなく、ネパールで再び私は????の嵐に巻き込まれている。

ライツ・ベースド・アプローチ(rights-based approach)・マンデイト(manndate)・モダリティ(modality)

皆さんも是非、これらの言葉をインターネットなどで検索してみて欲しい。言葉の指し示す意味の広さにきっと驚かれることだろう。

どれだけ時間がかかるか分らないが、どこかでまた目を覚ますような経験をしないといけないらしい。そうすれば、きっと血の通った言葉として自分なりの理解ができる日がくるだろう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

8件のコメント

  1. うっしぃ on

    わかります!私も前職の時に「マンデート」ってよく使われてて、最初「??」でした。「なんで日本語で言わないのかな?」って思ったけれど、うまく訳せないんですよね。
    あと同じ言葉でも、「ODA業界」「UN業界」「NGO業界」によって視点が違って、私も勘違いをよくしてました!(^^)!。
    プロジェクト名や部署名の略語(とくにアルファベッット)とかも、困りますよね。

  2. うっしいさん、コメントありがとうございます。
    日本語で訳せないというのが曲者ですよね。でも、訳せない言葉をそのまま使うのって、所詮知識も借り物のままでしかないのではと思うことがあるのですよ。個人の能力の問題と言えばそれまでなんですけれど。
    >「ODA業界」「UN業界」「NGO業界」によって視点が違って、私も勘違いをよくしてました
    こちらでは更に国際NGO、ネパールNGOまである(こともある)ので、本当にトホホです。
    早く違いの判るオトナになりたいわー。

  3. 追記
    読み直して、判りにくいと思った箇所を少し書き直しました。「言葉」について書いている文章なのに、それ自体の意味が理解不能だとかなり格好悪いですものねー。

  4. 結局は誰のコトバなのか、ということかなぁと思いました。
    ふじさきさんが例にあげてくれたのは、おそらく開発学者や社会学者が定義してきたものだと思いますが、理論化するときに抽象的、あるいは曖昧な“ことば”になってしまうのは仕方がないことだと思います。
    ただ、その理論が素晴らしいものであればあるほど、やがて一般化されて“言葉”になっていくと思うのです。そのとき、使う人が、経験や学習から生まれてきた“ことば”として認識し、伝えるツールとして利用するのか。あるいはその“言葉”から現況を整理するツールとして秩序立てするのに使うのか。ぜーんぜん違う方向軸があるような気がするんですね。
    どんな(どの?)コトバを使うにしても、コミュニケーションに対するその人の態度が問われるということかな。
    「問われる筋合いなどない!」と言う人ももちろんいるでしょうけどねぇ。

  5. はるか on

    はじめまして。夫がODA業界のため、情報だけは身の回りにあふれています。
    でも、私自身はただの元バックパッカーなので、カタカナ用語が頭に入りにくいのです。(国際協力の情報誌を)見ているうちにどうでもよくなってしまって。。。
    本当は一般人に国際協力について情報を広めたいはずなのに、その業界にいないとわからない単語を連発されると、「だからいつまでたっても、国際協力って理解されないんだよ~。」って素人ながら思ってしまいます。(「ドナー」って言われた時は、生体間移植が頭に浮かんでしまって。。。)
    学会やワークショップなどは、一般人の入り込む余地はないのかも知れませんが、もっと一般人に伝える努力をすることも大切なのではないのでしょうか。言葉とは「伝える手段」なのですから。

  6. はるか on

    ごめんなさい、初書き込みでかなり生意気なことを書いてしまった気がします。
    投稿した時間を見て、そういえばネパールとの時差は3時間だったけ?と、懐かしくなりました。

  7. うえはらさんコメントありがとうございます。
    はるかさん、はじめまして。全然生意気だなんて思いません、むしろそういう一般の方からのコメントやご意見とてもありがたいです。
    NGOの仕事というのは、判り難い専門用語や現場の状況を「翻訳」して人に伝えること、つまりソロモンの指輪の役割を果たすことだと思っています。もちろんそれはとても難しいことですが、このようなブログがそのためのメディアになりうる可能性を秘めているなと最近感じています。
    現にはるかさんからもコメントをいただけましたし、本当に嬉しく感じています。
    うえはらさんやはるかさんが書いてくれたように、言葉は単なる「手段」でしかありません。しかも、話された状況や受け取り手の解釈によっていかようにも意味が変化するという意味で、決して万能ではないものですよね。いかにそこに自覚的になれるか、つまり伝わらないものもあるんだということを判った上で伝える努力をする必要なのですよね、きっと。ということで、また是非コメントをつけて、文章だけでは表現できない深みを加えてくださるのを楽しみにしています。ありがとうございました。
    ちなみに、時間設定インド(3時間30分差)にあわせています。ブログの基本設定にカトマンズ時間(日本と3時間15分差)がなかったので(くやしいー!)。

  8. うえはらゆ on

    言葉そのものに意味を求めるようなことは避けたいですね。
    そんなことを言ったら詩人の方なんかは不快に思うかもしれませんが。
    僕らは手段として言葉を使う生き方を選択したので、言葉だけで伝えることが出来ない以上、全体的な人間力を磨くしかないのですよね。同じ言葉を使っても、ある人がいったことの方がより深みを感じることなんてしょっちゅう体験しています。
    ふじさきさんが使った「翻訳」に強く共感します。はるかさんの指摘も大変興味深かったです。
    さ、言い訳せずに頑張ろっと。

コメント

CAPTCHA