ささやかな楽しみ

2

s-dahlia.jpgのサムネール画像
のまま冬眠してしまうのかもと思うほど眠かった冬がずいぶん前に終わり、最近の私は早起きだ。起床は朝5~6時、休みの日でも大抵7時前には目を覚ます。口の悪い人は「年を取ったんだよ」と言うかもしれないが、私は生活スタイルが3年過ぎてやっとネパール化してきたのだろうと思っている。

そんな早くに起きてすることはといえば、ベランダや室内にある鉢植えの世話。(やっぱり年を取ったのか…)これまで多くの鉢植えを枯らしたり腐らしたりしてきた私だが、こちらの親しい友人の家に遊びにいっていろいろな植物が元気良く育っているのを見て感化された次第。

水をやり、枯れた葉を摘み、アブラムシを退治していると時間があっという間に過ぎてしまう。出張や一時帰国で家を空ける際は、お手伝いさんや大家さんに水やりを頼んで行く。留守中枯れてしまわないかという心配もあるが、久しぶりに大きく育った姿を見るのは楽しみでもある。

ネパールでは手に入る花の種類が限られているため、タネ(日本から持ってきてもらった)から育てることにも挑戦している。ミツバ、ヒマワリ、ダリア、トルコギキョウなど。後者の2つは初心者には難しいといわれているらしいのだが、なかなかどうして元気に育ってくれている。もしかして才能あるかも?

上の写真はうちのダリアちゃん

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

2件のコメント

  1. やまちゃん on

    藤崎さんお久しぶりです。お元気でご活躍のこと、昨日(27日)のシャプラ総会の報告でも伺いました、なかなか難しいプロジェクトのようですが期待しています。ネパールの政情はますます混迷を深めているようですが、行政を当てにせず住民パワーで問題解決に取り組むネパールの民衆に感動しながら村おこしの支援を続けるつもりです。とは言え最早後・後期高齢者なので、後継者の応援に軸足を移し始めています。

  2. ふじさき on

    やまちゃん、お久しぶりです。お元気そうで何よりです。しばらくブログをさぼっていましたが、またボチボチ書いていこうと思います。よろしくお付き合いを。

コメント

CAPTCHA